当サイトはプロモーションを含みます。

【はないちもんめ】は禁止されている?超衝撃の理由と中身を解説

スポンサーリンク

「はないちもんめが禁止されているのはなぜか知りたい」

こんな疑問を解消します。

●この記事でわかること
1.禁止されている衝撃の理由!いじめとの関係は
2.本当は怖い意味を解説
3.教育上良くない?
4.はないちもんめの遊び方

結論から言うと、いじめにつながる可能性があることから禁止している場合があります。

この記事を読めば、はないちもんめの注意点が理解できるようになります。

さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.【はないちもんめ】が禁止されている衝撃の理由!いじめとの関係は

いじめにつながる可能性があることから、禁止されているところもあります。
遊び方に、相手のチームから1人を選ぶというルールがあるためです。

片方のチームが全員を仲間にするまで続ける遊びのため、最後の一人が必ずいます。
そこからいじめにつながるのではないかと考えられています。

たとえば人気のある子ばかりが選ばれていき、いつも同じ子が残るような状況です。
そうなってしまうと、精神的に苦痛を感じてしまう場合があります。

最後の一人になることを恐れ、楽しめない場合もありますよね。

あくまで遊びだと考えられれば良いです。
しかし最後まで残った子がいやな思いをすることもあります。
その結果、心が傷ついてしまいます。

せっかく友達と遊んでいるのに、心が傷ついてしまったら意味がないですよね。
遊びからいじめにつながってしまうこともあるため、注意する必要があると思います。

スポンサーリンク

2.本当は怖い意味を解説

歌詞には、本当は怖い意味があるという説があります。
日本の昔の風習をうたった歌だというものです。

はないちもんめの「もんめ」は、漢字では「匁」と書きます。
「匁」は重さの単位をあらわしています。

銀貨を用いていた頃は、重さで価値を測っていました。
つまり「いちもんめ」は貨幣の重量を指します。

そのことから考えられるのは、はなの売買についての歌だということです。

また「はな」は、女の子をあらわしているとされています。
そのため、人身売買についての歌だと言われています。

貧しいために子どもを売ることで生活をしていた時代がありました。
そのときの親と人買いのやりとりを歌詞にしていると考えられています。

この説を聞くと、とても怖い歌詞ですよね。
子どもの頃は歌詞の意味などはあまり意識していませんでしたが、あらためて考えると少し怖い遊びの気もしますね。

スポンサーリンク

3.教育上良くない?

はないちもんめは、もともとはコミュニケーションをとることや相手の名前を覚えるなどの目的で取り入れられています。
チームを作って遊ぶことで、団結力や協調性を学ぶ機会になるためです。

しかし、その遊びから仲間はずれやいじめにつながってしまうことが懸念されていることも事実です。

心の成長を促すという意味では、はないちもんめは良い遊びということになります。
しかしそこから苦しむ子が出てきたら意味がないですよね。

適切に遊ぶためには、同じ子ばかりにならないように配慮が必要だと思います。
子どもたちだけではなく、大人が見本として適切な遊び方を見せられるかが重要ですね。

スポンサーリンク

4.はないちもんめの遊び方

古くから伝わる遊びだと言われています。
地域によって歌詞や動作に多少の違いがあります。

主に以下の流れで遊びます。

①2チームにわかれる
②2チームは向かいあって並び、手をつなぐ
③歌をうたう
④チーム内で相談し、相手のチームから1人選ぶ
⑤選ばれた2人がじゃんけんをし、負けた人は相手のチームに入る
⑥片方のチームの全員がいなくなるまで繰り返す

①から⑤を繰り返し、全員をチーム内に入れれば終了という遊びです。

大人数でも遊べることから、保育園などでも取り入れられることがあるそうです。

地域によって勝敗の決め方や歌詞は異なっています。
さまざまな方法を試してみるのも楽しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

5.まとめ

  • いじめにつながる可能性があることから禁止しているところもある
  • 人身売買の歌だという説がある
  • 適切な遊び方ができなければ、仲間はずれの原因になる
  • チームで競う遊びのため、協調性を養う

古くから伝わる遊びですが、見方によっては残酷にも感じます。

いじめや仲間はずれが生じることのないような環境づくりが必要だと思います。

以上、はないちもんめは禁止されているのかについて解説しました。

ぜひ、はないちもんめを取り入れる際には参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人間関係

コメント