当サイトはプロモーションを含みます。

【ぬいぐるみを持ち歩く】女性の理由や心理4選!上手な接し方も解説

スポンサーリンク

「ぬいぐるみを持ち歩く女性とどう接したらいいのでしょうか?

どうしたらいいか分かりません」

気持ちを共有したいのか、それとも無関心でいてほしいのか。
女性の気持ちを思うと悩みますよね。

この記事ではそんな悩みを解消します。

●この記事で分かること
1.ぬいぐるみを持ち歩く心理
2.女性との接し方
3.女性が友人にしてもらいたい事

結論から言うと
「自分の気持ちを理解してもらいたいと思っている」可能性が高いです。

女性自身も、本当はもっとぬいぐるみと一緒にいたいと思う気持ちがあります。
でも、周りに気を使って我慢しているんです。

この記事を読まないと女性の気持ちが分からず、苦しめてしまうかも。

最後まで読めば女性の気持ちに寄り添えるようになるでしょう。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

【ぬいぐるみ持ち歩く】女性の理由や心理4選!

ぬいぐるみを持ち歩きたい欲求は何でしょうか。
理由や心理4選について解説したします。

①安心感を求めている
➁癒しを求めている
③好きな人の代わりになってほしい
④はけ口になってが欲しい

順に解説します。

①安心感を求めている

持ち運ぶことによっていつもそばにいるという安心感が得られます。
なぜなら、赤ちゃんのころからずっと、そばにいたからです。

お昼寝の時も寝ても覚めてもいつもそばにいました。
そばにいるのが普通なのです。

安心感というのは、物に依存している人もいれば,香りのような物に依存している人もいます。

安心感とは人それぞれで、たまたま物体のあるぬいぐるみという目立つものだったので、特別な事のように思われますが、安心感を得ることは必要なことなのです。

➁癒しを求めている

癒しを求めています。
ストレスを解消したいという気持ちも入り混じってます。

なぜなら、社会にでて会社勤めをし、いろいろな人間関係を味わい疲れ気味。

皆、癒しを求めています。
「かわいいぬいぐるみ」というだけで癒され、ストレス解消できるならとても良いですよね。

③好きな人の代わりになってほしい

「ぬいぐるみに好きな人の代わりになってほしい」のかもしれません。
私の友人には、そんな人がいました。

大好きな人(代わりのぬいぐるみ)がいつもそばにいてくれる。
それが幸せなんですね。

食事する時も寝るときもどこに行くときもいつも一緒にいたいんです。
いつも一緒にいると感じていたいのです。

④はけ口になって欲しい

ぬいぐるみに嫌な事があったり、愚痴をこぼしたいときの、はけ口になってほしいのです。
なぜなら、実在する人に、思ったことを全部話す事は出来ないから。

はけ口にされるのは、普通の人は耐えられなせんよね。

反対にストレスが溜まってしまいます。

ですが、ぬいぐるみはいつも話を聞いてくれますし、反論することもありません。
助言はしてくれませんが、話相手になってくれます。

女性にとっては欠かせない存在です。
なのでぬいぐるみは、はけ口として必要なのです。

スポンサーリンク

2.ぬいぐるみを持ち歩く女性が身近にいる場合の上手な接し方

【結論】
・心理を理解してあげる

・いつもと変わらずいつも通りの付き合いをする
・ぬいぐるみは受け入れてあげる

友人として一人の人間として普通に接したらいいのですよ。

腫れ物に触るような、そんな風に思われることが一番嫌いと思う人は多いです。

女性の心理は

・一般の人と変わらず接してほしい。
・腫れ物に触るように思わないでほしい。
・周りの目を気にしている。
・心理を理解してほしい
・ぬいぐるみを受け入れてほしい

です。

このようなことを理解し接すると良いでしょう。

スポンサーリンク

3.まとめ

【女性の心理】
・安心感を求めている
・癒しを求めている
・好きな人にそばにいてほしい
・はけ口になってほしい
【接し方】
・特別に態度を変えることなく、いつも通りの付き合いをする
・ぬいぐるみは受け入れてあげる
・心理を理解してあげる

女性の心理は特別な事ではなく、どんな人でも持っている欲求と同じです。
依存している物がたまたま、ぬいぐるみだったということですね。

なので、特別扱いをせず、いつも通りに接していきましょう。
そして、ぬいぐるみは受け入れてあげましょう。

決して、女性と一緒になって、「ぬいぐるみに話しかけなさい」と言っているわけではないですよ。

女性自身も、周りの目を気にしています。
特別おかしなことをしているつもりはないのに、周りの人には受け入れてもらえません。

あなただけは、女性の立場になって寄り添って上げましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人間関係

コメント