当サイトはプロモーションを含みます。

【先生とライン】卒業後に交換するのはOK?伝え方4つと注意点

スポンサーリンク

「卒業後に先生とLINEを交換するのはOKなのか知りたい」

こんな疑問を解消します。

●この記事でわかること
1.卒業後に交換するのはOK?
2.交換して欲しいときの伝え方4つ
3.交換した後の注意点

結論から言うと、卒業後であればLINEを交換するのはOKです。

この記事を読めば、先生に迷惑がかからない方法でやりとりができるようになります。

さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.【先生とライン】卒業後に交換するのはOK?

卒業することで、お世話になった先生とお別れするのはさみしいですよね。
卒業後も連絡を取りたいということもあると思います。

結論を言うと、卒業後であればLINEの交換をするのはOKです。

ただし先生が承諾してくれた場合に限ります。

倫理的に考えると、在学中はNGです。
しかし卒業後であれば問題はありません。

分かった!

先生によっても考え方は異なるので、失礼にならないように聞いてみましょう。

卒業すると会う機会はほぼなくなります。
LINEで連絡を取れれば便利ですよね。

先生の考え方によってOKしてくれるかどうかは違うので、そのことを理解した上でお願いしてみると良いと思います。

スポンサーリンク

2.LINE交換して欲しいときの伝え方4つ

LINEの交換を頼むときにどうやって伝えたら良いのか悩みますよね。
たとえば以下のような伝え方があります。

連絡を取りたいと直接伝える

「卒業後に話せなくなるのはさみしいので、今後も話をしたい」と直接伝えましょう。
ストレートに理由を伝える方法です。

伝える場所には気をつける必要があります。

周りにたくさんの人がいる中で伝えると、他の生徒も同じように交換をしたがる場合があります。

先生も1人だけと交換するという訳にはいきません。
その結果、迷惑になってしまう可能性があるので気をつけましょう。

手紙を渡して伝える

自分のIDを手紙に書いて渡すという伝え方です。

これまでの感謝の言葉とこれからも話がしたいということを手紙で伝えると良いと思います。

渡したら、やりとりをするかどうかは先生の判断に任せましょう。

今後も相談したいことがあると伝える

「今後も相談にのってほしい」と伝えましょう。
卒業すると直接会う時間もなかなか取れなくなるので、相談事がある際に連絡をしたいと頼む方法です。

写真を共有したいと伝える

「在学中や卒業式で撮影した写真を送りたいのでLINEのIDを教えてほしい」と伝えましょう。

少し遠まわしな伝え方ですが、ストレートに聞きづらい場合に検討してみてください。

やりとりするきっかけになると思います。

口頭で直接伝える方法と手紙などで間接的に伝える方法があるため、伝えやすい方を選択すると良いと思います。

状況によっても変わってくると思うので、合った伝え方を検討してみてください。

スポンサーリンク

3.LINE交換した後の注意点

先生がLINEの交換をOKしてくれた場合、相手の迷惑になることがないよう気をつけてやりとりをしましょう。

注意点は主に以下のものがあります。

先生を悩ませない

先生を悩ませるような内容を送るのはNGです。
特に最初のメッセージには気をつけましょう。

最初の内容は、近況報告などの軽めの話から始めましょう。

相談事がある際は、ある程度慣れてきてからの方が良いと思います。

頻度に気をつける

先生はとても忙しい中でLINEの返信をしてくれています。
頻繁にメッセージを送ると迷惑になる可能性があります。

頻度や時間帯には気をつけましょう。

周囲に言いふらさない

LINEでやりとりしていることを周囲には言いふらさないように気を付けましょう。

それを聞いた人が先生にLINEの交換を求めたら、迷惑になる場合もあります。

せっかく先生とやりとりをしているのに、不快な思いをさせてしまったら大変ですよね。
先生はとても忙しいということを念頭に置いたうえで、やりとりをすることが大切だと思います。

スポンサーリンク

4.まとめ

  • 卒業後であればLINEの交換をするのはOK
  • 迷惑にならない方法で伝えることが大切
  • 先生は忙しいため、頻度や時間帯には気を付ける

やりとりの頻度やLINEの交換をしてくれるかどうかなどは先生の考え方によっても違います。

卒業後も話をしたいと思える相手との出会いは幸せなことですよね。
だからこそ相手の気持ちを尊重することが大切だと思います。

分かりました!

以上、卒業後に先生とLINEの交換をしてもOKなのかについて解説しました。

ぜひ、LINEの交換をしたい場合には参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マナー

コメント