当サイトはプロモーションを含みます。

【美容院のお直し】の電話の仕方はなんて言う?例文とポイントを解説

スポンサーリンク

「美容院のお直しの電話の仕方を知りたい」
こんな疑問を解消します。

この記事でわかること
1.美容院のお直しの電話の仕方!例文とポイント
2.【共通】美容院にお直しを頼む時の注意点
3.お直しを頼むのは迷惑?

結論から言うと、お直ししてほしいポイントを明確にした上で電話をします。

この記事を読めば、お直しの連絡をする際のポイントを理解した上で気負わずに頼めるようになります。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

1.美容院のお直しの電話の仕方!例文とポイント

その場で伝えられればいいですが、後日気づくことや言いにくいこともありますよね。
美容院ではお直ししてくれる期間に気を付ければ、無料で対応してくれるところが多いです。

電話をする際のポイントに注意して、ぜひ連絡をしてみてください。
お直しの対象には以下のものがあります。

カット

カットしてもらったら、思った長さと違っていたということや左右でバランスが悪かったということがありますよね。

その場合は、電話をして以下のようにお直しを頼みましょう。

「翌日家で見てみたら左右に差があるため、直してもらうことはできますか?」

直してほしいポイントは明確に伝えておきましょう。
たとえば左右で差があるためそろえてほしい、思ったより長かったのであと数㎝カットしてほしいなどです。

ヘアアイロンでセットするのか、髪は流すのかでも違ってきます。
セットしたときの理想の長さを伝えることがポイントです。

パーマ

パーマのかかり方が弱い場合やすぐ取れた場合にはお直しをお願いしてみましょう。
髪質によってもパーマのかかり方は変わってくるので、後日気づいたということも多いです。

電話では以下のように聞いてみましょう。

「先日パーマをかけてもらったのですが、かかりが弱かったので直してもらえますか。」

パーマの場合は、髪へのダメージも考えて日にちを決める必要があります。
ダメージケアが必要なため、数日あけた方がいい場合もあります。
問い合わせる際に合わせて相談してみてください。

カラー

色にムラがある場合や明るさがオーダーと違った場合は、お直しが可能かどうか問い合わせてみましょう。

問い合わせる際に以下のように伝えます。

「色が明るすぎたので、お直しをお願いしたいです。」
「カラーにムラがあるため、染め直しをしてもらえますか。」

カラーの場合は日にちが経過するほど色は落ちてくるため、早めに連絡することを意識しましょう。

オーダーする際には、要望はしっかり伝えることが大切です。
イメージ像がしっかりと伝わるように画像を用意しておくといいですよ!

仕上がりに納得がいかなくても、なかなか伝えづらいこともありますよね。
失礼のないように意識して、思いきって聞いてみるといいと思います。

スポンサーリンク

2.【共通】美容院にお直しを頼む時の注意点

美容院にお直しを頼む際には、以下の点に注意します。

事前に連絡する

お直しを頼む際にも前もって連絡し、予約をしておく必要があります。
少し直してもらうだけだからと考えて、連絡せずに直接行くと迷惑になってしまいます。

お直しが可能かどうかは美容院によっても違うので、事前に連絡をして確かめてみましょう。

対応可能な期間を把握しておく

美容院によってお直しの保証期間は異なります。
期間内であれば無料で対応してくれるところが多いので、保証期間は把握しておきましょう。

期間が過ぎてしまうと有料になるため、注意が必要です。

1週間~10日程度を保証期間としているところが多いです。
期間が分からない場合は、早めに連絡してみてください。

対応できない場合もある

お直しの範囲は美容院によって異なるため、対応できない場合もあります。
たとえばオーダーしていた髪型と異なる場合などです。
どの程度対応できるかは問い合わせて確認する必要があります。

お直ししてほしい理由を丁寧に伝えることが大切だと思います。

スポンサーリンク

3.お直しを頼むのは迷惑?

対応可能なお直しの範囲内であれば、迷惑ではありません。
気になるところは具体的にしっかりと伝えましょう。

お直しを頼むのは迷惑になるかもしれないと考えて、気が引けてしまいますよね。
しかし期間内であれば対応してくれるところは多いため、思いきって連絡することをおすすめします。

美容院にとっても、不満を持ったままもう来店してくれなくなるのは避けたいことです。
むしろお直しすることで満足してもらい、また来店してくれた方がモチベーションは上がりますよね。

毎回お直しを頼むことにならないように、最初にしっかり理想のイメージを伝えることを意識しましょう。
画像を用意するなどして、具体的な髪型や髪色を伝わりやすくする工夫が必要だと思います。

スポンサーリンク

4.まとめ

  • 電話でお直ししてほしい理由を伝える
  • お直ししてほしい箇所は具体的に伝える
  • 保証期間を守る
  • お直しを頼むことは迷惑ではない

思ったヘアスタイルと違うなと思ってもなかなか言い出しにくいこともありますよね。
丁寧に伝えれば迷惑にはならないので、勇気を出して連絡してみることが大切だと思います。

以上、美容院へのお直しの電話の仕方について解説しました。

ぜひ、お直しをお願いしたい際には参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マナー

コメント