当サイトはプロモーションを含みます。

【敬老の日おめでとう】はおかしい?言ってもいい相手と他の言葉を紹介

スポンサーリンク

「敬老の日におめでとうの言葉をかけるのはおかしいのか知りたい」

こんな疑問を解消します。

●この記事でわかること
1.【敬老の日おめでとう】はおかしい?
2.言ってもいい相手
3.言わない方がいい場合
4.代わり使える言葉の例文集

結論から言うと、失礼に当たる訳ではありませんが違和感を抱く人もいるため注意が必要です。

この記事を読めば、相手に合わせた言葉を送れるようになります。

さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.【敬老の日おめでとう】はおかしい?

敬老の日に「おめでとう」というのは、失礼に当たる訳ではありません。
しかし中には違和感を抱く人もいるため、注意が必要です。

敬老の日は長寿を祝う日です。
長寿を祝っているので、「おめでとう」が間違っている訳ではありません。

たとえば長寿の人が「おめでとう」と言われ、祝福されるのは喜ばしいことでしょう。

しかし何歳からと明確に定まっている訳ではないため、年齢によっては戸惑う人もいますよね。

人によって感じ方は異なるので判断が難しいですよね。
相手によって迷う場合には、これまでの感謝の気持ちを伝えるのがおすすめです。

祝福の代わりに感謝のメッセージを送ると喜んでもらえますよ。

スポンサーリンク

2.おめでとう!と言ってもいい相手

相手によっては、喜んでもらえる場合があります。
たとえば祖父母や父母などの血縁者です。
親しい間柄であれば、言葉をもらえるだけでも嬉しいでしょう。

または長寿の人であれば、お祝いするのもいいですね。

相手との関係によっても受け取られ方は変わってくるので、その都度判断が必要です。

敬老の日という機会に感謝と祝福の言葉を伝えるのも素敵だと思います。

スポンサーリンク

3.言わない方がいい場合

違和感を持たれる可能性がある相手には、避けた方がいいです。
たとえば血縁以外の人です。

この場合は「おめでとう」よりも、感謝の気持ちを表しましょう。
年齢を感じる言葉を嫌がる場合もあるため、配慮が必要です。

お世話になった感謝の気持ちや、これからも長生きしてほしいという願いを込める方がいいと思います。

スポンサーリンク

4.おめでとうの代わり使える言葉の例文集

敬老の日に「おめでとう」という言葉が使えない場合には、他の言葉を代わりに伝えましょう。
主に以下の言葉があります。

ありがとう

「いつも見守っていてくれて感謝してるよ。ありがとう。」

お祝いの言葉の代わりに感謝の気持ちを伝えましょう。
日頃は言えない感謝の気持ちを伝えるのがおすすめです。

直接言いづらい場合でも、この機会にメッセージカードを送ると気持ちが伝わりますよ。

長生きしてね・元気でいてね

「いつまでも元気でいてくださいね。」
「おじいちゃん、おばあちゃん。これからも健康に気を付けて、長生きしてね。」

これからも元気で、長生きしてほしい気持ちを伝えます。
子や孫から言われたら元気をもらえますよね。

体を大事にしてね

「だんだんと寒くなってきたので、風邪には気を付けてください。」
「体を大事にして、これからも元気でいてね。」

体に気を付けて、健康でいてほしい気持ちを伝えます。

相手を気遣う気持ちが伝われば、健康に気をつけようという気持ちになりますよね。

また遊びにいくね・一緒に旅行にいこう

「今度みんなで旅行にいきましょう。」
「また遊びに行くね。」

両親や祖父母に対して、また会いに行く約束をします。
会うのを喜んでいてくれると感じたら嬉しいですよね。

相手に対する思いやりの気持ちが伝われば、喜んでもらえると思います。
素直な気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

5.まとめ

  • 「おめでとう」は違和感を抱く人もいる
  • 相手によって言葉を変える必要がある
  • 年齢によっても感じ方は異なる
  • 日頃の感謝の気持ちを伝える

相手によって感じ方は異なるため、なかなか使用するのも難しいですよね。
これまでの思い出や感謝を伝えれば、素敵な1日になると思います。

以上、敬老の日おめでとうはおかしいのかについて解説しました。
ぜひ、敬老の日に言葉を送る際には参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人間関係

コメント