当サイトはプロモーションを含みます。

【家庭内別居】休日の過ごし方8選!苦痛を減らすコツ2つも解説

スポンサーリンク

「家庭内別居中なんだけど、休日の良い過ごし方はないだろうか。
夫(または妻)が在宅していて気まずい……」

そんなお悩みを解消します。

●この記事で分かること
1)【家庭内別居】休日の過ごし方8選!
2)家庭内別居の苦痛を減らす休日の過ごし方のコツ
3)家庭内別居を改善するには

結論から言うと、無理なく『一人の状態に没頭できる手段や趣味』を持つのがオススメ。

家庭内別居状態の場合、お互いが休みの日は1日中気まずくなってしまいますよね。

うっかり顔を合わせてしまうことはもちろん、物音がするだけで気になってしまうこともあるかと思います。

この記事を読めば、休日の快適な過ごし方がわかります。
また、改善したいと思っている方の一助にもなるかと思うので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1)【家庭内別居】休日の過ごし方8選!

①家で映画やドラマを見る

自室がある場合、あるいは一人の空間を確保できる場合は、家でゆっくり過ごすのも良いでしょう。

特に映画やドラマなどは、イヤホンをすれば相手の気配もシャットアウトできるので、物音によるストレスも軽減されます。

個人的には、現状から遠い世界へ行ける海外作品や異世界ものがオススメです。

②読書をする

本の世界へ飛び込むのもおすすめ。
物語や専門書など、普段まとまった時間がとれずに読めなかった本を片っ端から読んでみましょう

家で読むのも良いですし、近所の公園やカフェに行くのも良いですね。
様々なシーンで楽しめるのも本の醍醐味です。

③1人で外出する

家庭内別居といえども、やっぱり同じ家の中にいるのがキツいという場合は1人で外出しましょう。

自分のペースで買い物や食事ができると、気持ちも晴れていきます。

平日の間に行きたいところをブックマークしておくと、より充実した休日を過ごせるはずです。

④友達と過ごす

気心の知れた友達と遊びに行くのも、大いに気分転換となります。

愚痴をこぼしてみたり、せっかくの時間なので逆にすべてを忘れて”今”を楽しんだり……

家庭内で固まってしまった表情筋も、きっと柔らかくなることでしょう。

⑤実家に帰る

実家が近い場合は、休日ごとに帰省するのもアリかと思います。
お子さんがいる場合は親も孫に会えて嬉しいでしょうから、一石二鳥とも言えるでしょう。

ただし家庭内別居のことを知らせていない場合は、頻繁に帰ることで心配させてしまうかも。

話せる関係性であれば、先に言ってしまった方が良いかもしれませんね。

⑥ホテルで過ごす

金銭的余裕があれば、ホテルに宿泊するのもご褒美感があって楽しいですよね。

快適な室温のなか、スプリングの効いたベッドでぐっすりお休みください。
バスタオルなどの洗濯や掃除をする必要が無いのも、地味に嬉しいポイントです。

⑦散歩や運動をする

近所を歩いたり走ったり、あるいはハイキングをしてみたり。

外に出て身体を動かすことでリフレッシュにもなりますし、ご飯も美味しく感じられることでしょう。

心を動かされた景色を撮影しておくと、”楽しい日”として振り返りやすくなるのでオススメです。

⑧資格の勉強をする

家庭内別居の末に離婚という道を選ぶことになった場合。

特に専業主婦・主夫の人は、生きるために賃金労働をする必要があります。

その際、資格を持っていると就活で有利になりますし、知識を取り込むことでこの先何をしたいかという方向性が見えてくるかもしれません。

離婚するしないは別として、知的活動はいつ始めても良いものです。
少しでも興味があるテーマがあるのなら、挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

2)家庭内別居の苦痛を減らす休日の過ごし方のコツ

お互いが休みの場合、どうしても窮屈に感じてしまいますよね。

ここからは、少しでも苦痛が減るようなコツを2つ紹介していきます。

顔を合わせない

話すと喧嘩に発展してしまう、顔を合わせるだけでもストレス、という場合は、極力対面しないよう心がけましょう。

業務連絡はLINE等で行なえば、顔を合わせる必要もありません

ただし、キッチンや洗面所などの共有部分でうっかり鉢合わせてしまうこともあります。
その機会もなるべく減らしたいのであれば、あらかじめルールを設定するのがオススメです。

ルールを決めておく

休日のルールの例として、以下のようなものが挙げられます。

・どちらかは必ず外出する
・キッチンやお風呂を使う時間帯
・食事の準備(2人分作るのか、別々で用意するのか)
・鉢合わせた時の対応(「あいさつはする」など)

ルールを作る話し合いが煩わしいかもしれませんが、一度作ってしまえばあとは楽です
あとは、この話し合い自体をLINEでやってしまうというのも手かもしれませんね……。

スポンサーリンク

3)家庭内別居を改善するには

家庭内別居の改善は、顔と顔を合わせた話し合いに尽きるのではないでしょうか。

家庭内別居をすることで、互いにストレスなく過ごせるようにはなるかもしれません。

しかしそこから、2人でいてもストレスなく過ごせるようになるわけではありません。

どういう心境なのか、この先どうしていきたいと思っているのかを互いに明しあい、相手の気持ちを理解することが大切です。

この時、感情的になるのはNG
ただただ事態が悪化するだけです。

苦しい時間になると思いますが、今の状況を打開したいと思っているのであれば、話し合いの時間を設けてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

・読書や映画の世界へ飛び込み、あるいは気心の知れた人との時間を過ごそう
・共に在宅する場合はルールをあらかじめ決めておこう
・改善したい場合は面と向かって話し合おう

家庭内別居は、一人暮らしのような快適さがある一方、ある種の気まずさがなんとなくずっと漂うもの。

気まずさを減らすために今回ご紹介した過ごし方やコツを実践していただいても良いですし、逆に改善するために利用してもらうのも嬉しい限りです。

いずれにせよ、この記事があなたのお役に立てることを願っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人間関係

コメント