当サイトはプロモーションを含みます。

【物干し竿】を低くしたい時の100均グッズ!使い方と注意点を解説

スポンサーリンク

「物干し竿を低くしたい時に使える100均グッズと使い方を知りたい」

こんな疑問を解消します。

●この記事でわかること
1.物干し竿を低くしたい時に使える100均グッズ
2.選ぶポイントや注意点
3.突っ張り棒も選択肢の1つ

結論から言うと、100均のS字フックを使います。

実際に私もS字フックを使って低い位置で洗濯を干せるようなりました。

この記事を読んで実践すれば今より快適に洗濯をできるようになります。

それではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.物干し竿を低くしたい時に使える100均グッズ

低くしたい時に使える100均グッズは、S字フックです。

どのようにするのかというと、S字フックの片方をもともと設置されている物干し竿を固定する部分に引っ掛けます。

そしてもう片方の下になる部分に竿をかけるというのを両サイド行うと低くすることができます。

私もこの方法を使っていました!結束バンドやビニール紐でしっかりと固定すると竿が落ちることもなく使いやすかったです。

「S字フックではそんなに高さが変わらないのでは?」と思ったかもしれませんが、100均には様々な大きさの商品が売っています。

そのため自分に合ったものを選ぶとうまくいくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

2.ポイントや注意点

このフックを選ぶ際のポイントは、3つあります。

引っ掛ける部分の大きさ

一つ目に引っ掛ける部分の大きさです。フックに竿をかけて使用することになるため、引っ掛ける部分が小さいとうまくかけることができません。

逆に太すぎても安定しないため、固定するのが難しいです。
そのため竿の太さに合ったものを選ぶことが重要です。

長さ(縦幅)

二つ目がフックの長さです。

この分低くなるため、どれくらい長さが必要なのか確認しておくことがポイントかと思います。

買ってきたのに思っていた長さではなかったら使用できないので事前に測ってから買い物に行くことをお勧めします。

材質はステンレス製

三つ目にステンレス製を選ぶことです。

S字フックにはプラスチック製もあるのですが、今回は外での使用になるので劣化しやすいです。

私はプラスチックの洗濯ばさみを利用しているのですが、日差しや雨などにさらされるためすぐに割れて買い替えることも多くあります。

特に今回は洗濯ものを支える部分なので重さもあるため、耐久性の強いステンレスを選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク

3.突っ張り棒も選択肢の1つ

調べていくと突っ張り棒を使うという方法もあるようです。
突っ張り棒を縦に2本立て、物干しざおを結束バンドなどでうまく固定すると好きな高さに作ることができるようです。

また、広いベランダでなければそのまま突っ張り棒を使って干場を作ることも可能。

しかし、突っ張り棒は少し不安定であること、また重さのあるものをかけると取れてしまうことも多いです。

外で利用するため劣化もしますし、風が強い日や洗濯物が多く重いときは突っ張り棒では少し心許ない気もします。

せっかく干した物が重みに耐えきれず落ちてしまったら悲しいですよね。

そのため、確かに選択肢の1つとして突っ張り棒を使うという方法はありますが、干すものの重さや量には注意が必要になりそうです。

スポンサーリンク

まとめ

・物干し竿を低くすることは100均のS字フックで可能です。
・購入の際は自分に合ったものを選び、長さなど事前に調べておくことがポイントです。
・突っ張り棒でも対応できますが、軽いもののみ干すなど工夫が必要です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活の豆知識

コメント