当サイトはプロモーションを含みます。

【若い人が杖】をなぜ使うの?その理由や役割6選+カッコ悪いことじゃない理由を解説

スポンサーリンク

「若い人が杖を使う理由って?どんな事情があるの?」

こんな疑問を解消します。

今回は次の2点を解説。

1.若い人が杖を使う理由と役割6選
2.若い人が杖を使うのはカッコ悪いことじゃない。杖はオシャレなものが多い

結論から言うと、若い人でもケガや病気、また見た目にはわからない様々な理由で杖を使うことがあります。

高齢者が使うイメージだからと不思議そうに見てしまい、若い人が使うのをためらうことが無いようにしたいものです。

この記事を読めば、若い人が杖を使う理由や役割、実は若い人向けのおしゃれな杖もたくさん売られていることについても解説します。

さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.【若い人が杖】をなぜ使うの?その理由や役割6選

ここからは、パターン別に理由や役割について解説していきます。

①ケガにより歩行時に痛みがある

ケガで足腰や関節に痛みがあると、歩くこと自体が負担に感じます。

杖を使うと体重が分散されて痛みを緩和させるだけでなく、安定した歩行をする助けともなります。

活発に動き回る若者こそ、ケガで杖のお世話になる機会が思った以上に多いかもしれませんね。

②筋力が弱いため

病気等で足の筋力が弱い方の場合、バランスが悪い不安定な歩き方にならないよう、杖を使用するこ場合があるんです。

こうすることでバランスを取って安定した歩行をすることができます。

③めまいや立ちくらみがある

主な疾患としてメニエール病が挙げられますが、突然のめまいやふらつきに襲われたときは立つことや歩くことが難しくなります。

そんな一時的にふらつきがあるときに杖によって身体を支えることができます。

④身体が疲れやすい

病気などの理由から、身体が疲れやすい方がいます。外出先で突然立っているのがつらくなったとき、杖を持っていることで精神的に落ち着くことがあるそうです。

見た目にはわからなくても、持病などでつらくなる方がいることを覚えておきたいですね。

⑤視力が弱いため

生まれつきや、病気・事故により視覚障害がある場合、杖で歩く場所の状態を確認しながら安全に進むために必要になります。

この場合、視覚障害があることを周りの人に知らせるために白杖を使用しているので、注意喚起のうえでも大切な役割を持っています。

⑥手術後の回復のため

手術箇所の負荷を軽減するほか、体力や筋力も落ちているため一定の期間身体を支えるために杖を使います。

身体に余計な負荷を掛けることでかえって回復が遅くならないよう、リハビリの役割も果たしてくれているのですね。

スポンサーリンク

2.若い人が杖を使うのはカッコ悪いことじゃない!杖はオシャレなものが多い

若い人の中には杖が地味でカッコ悪いとの理由で持つことをためらうことがあるかもしれません。

もっとオシャレな杖を使いたい!そう考える方も多いのではないでしょうか。

実際、若者向けの杖を扱っている専門サイトはたくさんあります。
多種多様なデザインや色味で、見た目も華やかなものからポップな柄など豊富に揃っています。

若い人も使いやすい杖がたくさん売られていることからも、杖を使用するのは決してカッコ悪いことではありません。

日常の支えとなり、持っていても気分が上がるお気に入りの一本を見つけるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

3.まとめ

若い人が杖を使うのは…
・病気やケガなど様々な理由から

・痛みを軽減したり、精神的な支えとなる場合もある
・ッコ悪いことではなく、若い人向けのオシャレな杖もたくさんある。

若い人が杖を使用する理由のなかには、見た目にはわからない事情を抱えている場合も。

杖には歩行の助けのほか、時には精神的な支えにもなってくれる大切な役割があることを再確認できました。

以上、【若い人が杖】をなぜ使うの?その理由や役割6選についてでした。
周りの理解により、若い人が杖をためらわずに使える環境を作っていきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活の豆知識

コメント