当サイトはプロモーションを含みます。

【3月にコート】はおかしい?必要性とメリットデメリットも解説

スポンサーリンク

「街はすっかり春物一色になっている。
そんな3月にコートを着るのはおかしいのかな?
周りから変だと思われないかな?」

そんなお悩みを解消します。

●この記事でわかること
1.【3月にコート】着るっておかしい?変なのか
2.3月にコートを着る必要性やメリット
3.デメリット

結論から言うと
3月にコートを着用してもおかしくもなく、変だとも思われません。

筆者も実際にOL時代には3月になるとトレンチコートなどを着用して
出勤していました。

この記事を最後まで読んでいただけると、
コートを着ることのメリットやデメリットもわかって
より最適な3月のおしゃれを楽しめるでしょう。

では早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.【3月にコート】着るっておかしい?変なのか

3月にコートを着用するのは特別おかしいことでも変でもありません。

むしろ薄手の冬用コートや春用のコートが大活躍するのではないでしょうか。

より春らしさを意識するならステンカラーコート、トレンチコートなどの
スプリングコートが最適ですよ。

さらに、色見や素材で春らしいコートを楽しんではいかがでしょうか。

スポンサーリンク

2.3月にコートを着る必要性やメリット

3月にコートを着るという必要性やメリットもあるんです。

それぞれご紹介していきましょう。

夜間の寒さ対策

お住まいの地域にもよりますが3月~5月は寒暖差が多い時期ですから
日中は暖かくても、夜になると冷え込むということも多いかと思います。

そんな時には、一枚コートをは羽織ってお出かけすれば安心ですね。

昼と夜とで気温差が激しいこの時期の対策として
コートはおススメです。

花粉症対策になる

3月にコートを着るということは花粉症対策にもなるんです。

この時期といえば、花粉症に悩まされている人にとっては
イヤ~な季節でもありますよね⁈

ですがコートを着用することによって、家のリビングまでは持ち込みたくない
花粉も、玄関先でコートを脱げば安心です。

また、花粉がつきにくく、落としやすいという花粉症対策に着目して作られたスプリングコートなども販売されています。

服のコーデに苦労しない

コートは、その存在自体がコーディネイトの顔になります。

例え、コートの下がイマイチな格好になってしまっていても
不思議とコートがキマッっているだけでコーデが出来上がったりします。

筆者もたびたび時間がなくて焦った朝は、コートが強い味方になりました。

スポンサーリンク

3.デメリット

次にデメリットについて見ていきましょう。

荷物になる

3月は気温が安定しない季節ですから、予想に反して暑くなってしまった・・・
という時には、脱いだコートは邪魔になってしまいます。

また外は暑くなくても、店内、社内といった屋内では、空調が効いて暖かかったり、マナーを考慮して脱いだりすると思います。

すると、ひとたびコートは邪魔な荷物と化してしまいます。

服のスタイリングを楽しめない

服のスタイリングは楽しめないかもしれません。

メリットでは主役級のコートを着用することで
コートの下の服装に苦労しないことを挙げましたが、

それは裏を返せば、コートの下をバッチリキメていてもあまり意味がない
ということです。

〖服が大好き〗、〖スタイリングが得意〗なオシャレさんには
物足りなさを感じるアイテムになるかもしれません。

スポンサーリンク

4.まとめ

3月にコートを着るのはおかしくもないですし
変だとも思われないのでご安心を。

・3月にコートを着るメリット
〖夜間の寒さ対策になる〗
〖花粉症対策にもなる〗
〖コーディネートがラク〗
・デメリット
〖脱ぐと荷物になる〗
〖服のスタイリングは楽しめない〗

季節感が出てしまうコートは、3月になると着ることに迷って躊躇しがちかもしれません。

ですが、〖3月〗のイメージにこだわって無理に薄着をしなくても
パステルカラーのような色見のコートで〖春〗を演出したり、
リバーシブルで着られるコートなども活用したいですね。

是非ともコートを取り入れた色々なオシャレを楽しんでみては
いかがでしょうか。

以上、
【3月にコートを着るのはおかしいのか?変だと思われないか?】
についてご紹介しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活の豆知識

コメント