当サイトはプロモーションを含みます。

【過去を思い出してあーってなる】現象の原因と対処法!防ぐ方法も解説

スポンサーリンク

『過去を思い出してあーってなってしまう時の対処法が知りたい』

そんなお悩みにお答えします。

●この記事でわかること
1.【過去を思い出してあーってなる】現象の原因
2.あーってなった時の対処法
3.今後あーってならないために知っておきたいこと
4.どうしても辛いときは専門家へ相談を

結論からいうと好きな趣味に集中する等、
気が晴れるような息抜きをするのが大事です。

『あー』ってなるたびに辛いと感じる日々には
お別れしたいですよね。

今回は事前に知っておきたい心構えもご紹介していますので
是非ご参考にしてみてください。

では早速、見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.【過去を思い出してあーってなる】現象の原因

嫌な出来事や恥ずかしかった出来事などを思い出して
へこんでしまうのは良く起こる事です。

とはいえ度々落ち込んでしまうのは心身ともに疲弊してしまうので
原因を知って、回避したいですよね。

まずはどんな原因で起こってしまうのか
ご紹介します。

①自己防衛の一環

自分が傷つく事や失敗を恐れる感情が
強すぎると〖あーってなる〗現象を招きがちです。

例えば野生動物において失敗は自らの命に直結する原因になりかねません。
そこで動物には優れた防衛本能が備わっています。
自己を脅かす危険から身を守る為の本能は動物だけではなく人間にも働くのです。

そのため新しいチャンスが訪れた時に考えすぎたり、いらぬ心配をするのは
ごく自然だと言えます。

ですが自己防衛本能がより強く働いてしまう
過去に囚われやすくなってしまうというわけです。

②完璧主義

少しの失敗や後悔も許せないという完璧を求める人
過去を引きずりがちです。

例えば手掛けたプロジェクトは成功をして周りから賞賛されているにも関わらず、
〖まだ出来る事があった〗など後悔の念を抱くタイプの人です。

常に上を目指す向上心は尊敬に値するところですが、
度を越してしまうと自らを苦しめる要因になってしまう事もあるので、
時にはほどほどに気を抜くのも必要です。

③何度も思い出すことで傷が深くなる

嫌な過去に限って度々思い出してしまってもどかしいですよね。
そうして何度も蘇らせた記憶はより一層
悲痛な歴史として定着してしまっている可能性も。

誰かに傷つけられた言動や、人前で大恥をかいてしまった行動、
取り戻せない後悔など悪い意味で心に刺さった場面を
気に留めないようにするのは至難の業です。

忘れられないどころか何度も思い返してしまうのは、
傷口に塩を塗ってしまっているのも同然なのです。

スポンサーリンク

2.あーってなった時の対処法

辛い記憶を思い出して寝付けない夜や、
顔が引きつって笑えない日々には別れを告げましょう。

そこで次に対応策をご紹介していくので
参考にしてみてくださいね。

①楽しいことに集中する

済んだことに思い悩む時間は楽しめる趣味や好きなもの
埋め尽くしましょう。

好みの音楽を聴きながらリラックスするのも良いですし、
筆者は感動必至の映画で思いっきり泣いてスッキリしちゃいます。

スイーツが好物ならケーキブッフェに出向いて
幸せホルモンを出しまくるのもアリですね。

辛い時には、他の楽しい事で気分をそらす
という方法が良いですよ。

②プラス思考に転換してみる

嫌な出来事は、多少無理やりでもOKなので
プラス思考に転換してみてはいかがでしょうか。

〖あの先輩のキツイ物言いは私を心配してくれているからだ〗とか
〖最初に失敗しておいたから大切な場面で用心できてラッキーだった〗など
プラス面を探して置き換えるとネガティブになりにくいです。

最初はなかなか難易度が高めかもしれませんが
その都度プラスに考えることを習慣化してみてください。

③ポジティブな友人に話してみる

孤独に悶々と苦しみ続けるよりポジティブで優しい友人に
話してみるのも一つの対策です。

そうしたら『そんな事あったかな?』という答えが
返ってくるかもしれません。

あなたにとっては重大な悩みだったと身に染みていた事も
友人は覚えていなかった・・・という風に
周りにとっては終わった出来事になっているのは案外多いです。

たとえ重く暗い場面だったとしても
他人はもう覚えていなかったら、自分の気持ちも楽になりますね。

スポンサーリンク

3.今後あーってならないために知っておきたいこと

過ぎた記憶に振り回され嘆くのを回避するためにも
〖苦しいのは自分だけではない〗そして
〖済んだことは変えられない〗と心に留めておきましょう。

過去の言動や行動が蘇り、消してしまいたいとパニクって叫びたくなる。

そういう心境はあなたに限った特別な事ではないのです。

誰しもが多少なりとも体験していると思います。
決して自責の念にかられる必要はないのです。

そして〖済んだことは変えられない〗ことも
至極当たり前のことではありますが、もう一度念頭にいれておいてください。

なぜならば思い出して嘆く心理には、
あの時に戻れるならば違う選択をしたいという願望が潜んでいると思うからです。

しかし残念ながら過去を書き換える願望を叶えることは誰にもできません。
不可能なことに時間を割いても何の得にもならないのです。

それよりも、自身を肯定し未来に目をむける方がずっと
時間を有効に使えると思います。

〖あの時は考えがあっての選択だった。〗
〖他人を変えるのは難しいから仕方がない。〗
〖あの失敗を今度はどういう風に生かそうか。〗

という具合に過ぎたことに苦悩する時間を
自分自身の肯定と未来への戦略に変えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

4.どうしても辛いときは専門家へ相談を

とはいえ、1人ではどうしようもなくなった時には
無理をせずに専門家へ相談をするのがおススメです。

専門家には医師免許を保持する精神科医の他に臨床心理士の資格をもった
心理カウンセラーや精神保健福祉士の資格があるソーシャルワーカーがいます。
(全員が資格保有者、というわけではありません)

日本ではまだまだ心の専門家にお世話になるのは
ポピュラーなイメージがないですよね。

しかし有名なハリウッド女優にはお抱えの心理カウンセラーがいる
と言われるほどアメリカなど諸外国では気軽な存在なのです。

辛い時には、念のためネット上で専門家や病院の口コミなどを調べてから
相談してみるのがいいでしょう。

スポンサーリンク

5.まとめ

今回の記事では過去を思い出してあーってなる時の原因と対処法を
ご紹介しました。

〖過ぎた事は変えられない〗ことを知っておきましょう。
どうしても辛いときには無理せず専門家にご相談を。

かくいう筆者自身も度々過去を思い出しては後悔の念に
苦しめられていますww
これからは自分を肯定して未来に生きようと思います。

以上、【過去を思い出してあーってなる】現象の原因と対処法について
解説しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活の豆知識

コメント