当サイトはプロモーションを含みます。

【イタズラされやすい車】の色や特徴は?防ぐための豆知識3つも解説

スポンサーリンク

『イタズラされやすい車の色や特徴が知りたい』

そんな疑問にお答えします。

●この記事でわかること
1.【イタズラされやすい車】の色は?
2.色以外でいたずらされやすい車の特徴5つ
3.いたずら被害に遭いやすい場所は?
4.備えよう!いたずら対策5選
5.知っておきたい!いたずらされにくい車の特徴

結論から言うと
目立つ車が狙われやすいといえます。

わざわざ狙われやすい車を選んで購入してしまうのは避けたいですよね。

この記事を最後まで読んでいただければ、
車の色や特徴、対策の仕方までわかりますよ。

では早速ご覧ください。

スポンサーリンク

1.【イタズラされやすい車】の色は?

まずはイタズラされやすい『色』についてご紹介していきます。
それはズバリ目につきやすい派手な色。

具体的に言うと
〖赤〗、〖青〗、〖黄色〗などがそれに値します。

好きな色の車を購入したい。
という気持ちも大切だと思うので色だけに左右される必要はありませんが
派手な色というのはいたずらする人からも目につきやすいのです。

スポンサーリンク

2.色以外でいたずらされやすい車の特徴5つ

次に色以外の特徴を5つ
見ていきましょう。

①有名な高級車種

高級車が走っているのを見て、『かっこいいな~』と
思うことはありますよね。

そんな思いが妬みに変わることもあるよう。

高級車を買うことが出来るステータスを保持している
ということに直結してしまうのでしょう。

そんな持ち主に対する嫉妬から傷をつけられてしまう
というケースもあります。

②古さが目立つ車

高級車とは反対に、古い車、手入れが行き届いていなくて汚れている車
なども狙われやすいです。

古かったり、汚れている物は大切に扱わなくなるように、
『どうせ汚れているから』、『もう買い替えるのだろうから』
という勝手な思い込みから狙われてしまうのです。

③マナー違反をしている場合

駐車している場所などがマナー違反にあたる場合
なども標的になりやすいです。

駐車スペースでは無い場所に停めたり、はみ出し駐車などをすることで
妨げになると感じた人からの嫌がらせを受けることもあるようです。

④放置状態が長い

長期間放置された車というのも
狙われやすくなります。

ずっと動かしていない車にはホコリや汚れがたまりがち。
そんな状態で放置されている車には、持ち主の愛着が感じられなかったり
「いたずらしても見つからないだろう」という考えから狙われるのでしょう。

⑤車高の低いタイプ

スポーツカーなどの車高が低いタイプの車
被害に遭いやすい傾向があると思います。

これは、その車の周りに車高が高い車が停まっている場合など
周りの車に隠れて人目につかずに犯行を行えるからでしょう。

スポンサーリンク

3.いたずら被害に遭いやすい場所は?

イタズラされやすい色や特徴に加えて
被害に遭いやすい気を付けたい場所も存在します。
注意したい場所は人気のない場所と人の多い場所

人気のない場所はそれだけ犯罪行為も見つかりにくい場所
と言えます。

そのような場所では、いたずらにとどまらず
窃盗行為も多くなりがち。
人気のない場所はなるべく避けましょう。

逆に、人が多く集まる場所には、多くのターゲットが居る場所
として犯罪者も多く潜んでいる可能性が高い。

テーマパークやショッピングモールなどは防犯カメラの設置もありますが
その死角をついてくる強者もいるのです。
駐車の際には防犯カメラの場所も意識すると良いかもしれません。

スポンサーリンク

4.備えよう!いたずら対策5選

ここまではイタズラされやすい色や特徴についてご紹介してきました。
次に、イタズラを未然に防ぐための対策について5つご紹介します。

①駐車している時にも有効なドライブレコーダー

ドライブレコーダーがあるだけで未然に防げるかもしれませんが
そうならなかったときにも犯人を録画できる可能性があります。

駐車している際にも録画が可能で夜間撮影もできるタイプを選びましょう。
さらに、『ドライブレコーダーを搭載しています』と明記したステッカーなど
も貼るとより効果的ではないでしょうか。

②防犯カメラ

自宅の車庫の対策には防犯カメラが有効。
カメラは犯人も見つけられる目立つ場所に設置しましょう。

未然に防げなかった場合にも24時間稼働させておけるので
被害やトラブルが起こった時に遡れば、証拠能力の高い映像を入手可能。

また最近では侵入者の存在を察知するとLINEなどに通知がくるなど、
徹底した対策が見込めるものもありますよ。

③センサーライトでけん制する

防犯カメラよりも手軽な防犯対策としてセンサーライトがあります。
何か悪さを行おうとしている人は何よりも人の目を気にします。

近寄ろうとしたときに、その人物に反応して灯りがつけば
驚いたり人目を気にして退散する可能性も高くなります。

④ボディカバーをかけておく

実は車にボディカバーをかけるだけでも
効果は高いのです。

頻繁に車に乗るならば、その都度カバーをかける作業は手間になるかもしれませんが、
犯人側からしてもこのカバーをめくっての作業は手間になるということです。

⑤カーセキュリティーの導入

問題を察知するとブザーのような音やライトの点灯で知らせてくれる
カーセキュリティーの導入も効果が高いでしょう。

中でも動きや振動に反応してくれるものを選ぶと
効果が期待できますね。

スポンサーリンク

5.知っておきたい!いたずらされにくい車の特徴

これまでのイタズラされやすい車の特徴では
犯人から目につきやすいということで確率が高くなるのがわかりました。

そうなると出来る限りいたずらされにくくするためには
これらを回避していく(=良い意味で目立たない)のが近道といえるでしょう。

あなたが良く走る立地において、
人気が高く、数が多い車種や色などに埋もれてしまうのが目立たないコツだと思います。

例えば狙われやすい色とは反対に一般的に人気色で数が多い
〖白〗、〖黒〗、〖シルバー〗などの車を選べば狙われにくくなるかもしれません。

しかしながら、自分の車にはそれなりに
こだわりをもちたいものですよね。

そんな時は、
洗車などの管理がなされていて、予防策もしっかりとられている
そんな車が敬遠されることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

6.まとめ

この記事ではイタズラされやすい車の色や特徴と対策についてもご紹介しました。

・被害に遭いやすいのは
〖人気のない場所〗
〖人が多く集まる場所〗

・イタズラされにくくするには
〖目立たない色、多くの人が乗る車種を選ぶ〗
〖管理や対策をする〗

筆者の親族もイタズラ被害者になったことがあります。
その時は結局犯人もわからず、落胆するしかなかったのを思い出しました。
そんな悔しい事態にならないように特徴と対策をおさえてドライブを楽しみたいですね!

以上、『イタズラされやすい車の色や特徴』についてご紹介しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活の豆知識

コメント