当サイトはプロモーションを含みます。

【パスケース】中身が落ちない工夫!超簡単にできる方法を解説

スポンサーリンク

「パスケースの中身が落ちない工夫を知りたい」

こんな疑問を解消します。

●この記事でわかること
1.パスケースの中身が落ちない工夫!無料&超簡単にできる方法
2.中のカードを紛失しにくいパスケースの特徴3つ
3.私がパスケースの中身が落ちないように実践したこと

結論から言うと、隙間をなくして中身の落下を防ぎます。

この記事を読めば、パスケースを安心して使用できるようになります。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

1.パスケースの中身が落ちない工夫!無料&超簡単にできる方法

ICカードや定期券などを入れてカバンに提げておけるパスケースは便利です。
しかし中には、パスケースの中身が気づいたらなくなっていたという経験もありますよね。

中身が落ちてしまうのは、カードが動くくらいの隙間があるためです。
中身が落ちないようにするには、その隙間をうめる必要があります。

簡単にできるのは中に入っているカードの後ろにものを入れることで隙間をなくし、カードが動かないようにする方法です。

たとえば紙やカードなどをはさむことで隙間をなくせます。
隙間をなくして落ちないようにするだけなので、家にあるもので簡単にできると思いますよ。

パスケースを確認して隙間があるようなら、ぜひ試してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

2.中のカードを紛失しにくいパスケースの特徴3つ

販売されているパスケースの中には、中身が落ちないような工夫がされている商品もあります。
特徴は主に以下のものがあります。

二つ折りのタイプ

バタフライタイプのパスケースとしても販売されています。
パスケースが二つ折りになっているため、中身が落ちにくくなっています。

パスケースの中は外から見えないため、個人情報の保護の観点でも便利ですね。

ボタンがついているタイプ

中身が落ちるのを防ぐためにスナップボタンがついているタイプも多く販売されています。
カードがスナップボタンに引っ掛かるため、落ちる心配はないですね。

さまざまな形や色のものが販売されているので、好みのものを見つけられると思います。

ファスナー付きのタイプ

小銭などと一緒に入れられるタイプに多いです。

ケースの周りがファスナーのタイプや、一部だけのものなどさまざまなタイプがあります。
合ったものを検討してみると良いですよ。

はじめから中身が落下しないように設計されており、安心して使うことができます。
パスケースの購入を検討する際には、チェックしてみると良いと思います。

スポンサーリンク

3.私がパスケースの中身が落ちないように実践したこと

財布にカードを入れておけば落としにくいですが、取り出す手間がありますよね。
パスケースを便利に使用していきたいですね。

パスケースは使っているうちに徐々にゆるんできて、中身が落下しやすくなってしまいます。
カードの後ろに厚紙を入れてカードを固定すると落ちにくくなります。
簡単にできるので、とても便利です。

しかしパスケースを使用しているうちに、隙間は徐々に広がっていきます。
特に出し入れが多いカードを入れる場合は注意が必要です。

またテープで無理やりとめる方法もありますが、パスケースは汚くなるのでおすすめはできません。
緊急のときや汚れなどが気にならない場合にしましょう。

一番簡単な方法は、落下しない設計がされているパスケースを購入することです。

中身をなくしてしまったら再発行は手間がかかるし、カードにお金がチャージされていることもあります。
そのような事態にならないためにも、安心して使えるパスケースを選択すると良いと思います。

スポンサーリンク

4.まとめ

  • パスケースの隙間をなくす
  • 落下防止の設計がさせているパスケースを選ぶ
  • ボタンやファスナーがついているタイプを選ぶ
  • 二つ折りタイプのパスケースは落下しにくい

パスケースの中身をなくしたら非常にあせりますよね。
そのような事態にならないように、前もって備えておくことが大切ですね。

以上、パスケースの中身が落ちない工夫について解説しました。

ぜひ、パスケースを利用する際には参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活の豆知識

コメント