当サイトはプロモーションを含みます。

【霜降り肉】で胃もたれしない食べ方5選!後悔しない知識を伝授

スポンサーリンク

「霜降り肉で胃もたれしない食べ方が知りたい」

そんなご要望にお応えします。

●この記事でわかること
1.【霜降り肉】で胃もたれしない食べ方5選!
2.胃もたれしにくいレシピ3選

結論から言うと脂肪の多い部分を落としたり、食べ方を工夫するなどして
胃もたれを防ぐ方法があります。

霜降り肉は大好物なのに胃もたれが気になって
美味しく食べられない・・・。

そんなお悩みを抱えたあなたもこの記事の内容を実践して
解決しちゃいましょう。

では早速ご覧ください。

スポンサーリンク

1.【霜降り肉】で胃もたれしない食べ方5選!

食べ方を工夫することで胃もたれを未然に防ぐことができます。
以下、5つの方法をご紹介していきましょう。

①調理法を工夫する

煮たり、蒸したりというように調理法を工夫することで
さっぱり食することができます。

筆者は霜降り肉といえば豪快に焼いて食べたい・・・
と思ってしまった挙句、もだえ苦しんだことがあります(笑)
やはり煮たり蒸したりする方が断然胃もたれしにくくなります

コトコト煮込めば、デメリットである肉の脂分が旨味に変化しちゃいますよ。
またしゃぶしゃぶならポン酢や大根おろしと一緒に食べることでよりさっぱりした
料理になります。

②野菜や乳製品をお供にする

野菜を一緒に食べたり、あらかじめ乳製品を摂取しておく
ことで胃もたれしにくくなる効果があります。

霜降り肉を食べて胃もたれを起こしてしまうのは
肉の脂分による要因が多くを占めています。

脂分は消化が良くないため胃の中に脂が停滞することで
あのイヤ~なムカムカを引き起こします。

野菜には消化を助ける『酵素』が含まれているものが多く
お肉と一緒に食べることで胃もたれを防ぐのに有効です。

例えば大根には消化を助ける『アミラーゼ』という酵素が、
キャベツには『ビタミンU』が含まれ、胃の粘膜を守ってくれるでしょう。
また食前に乳製品を摂取するのも胃の粘膜が守られるのでおススメです。

③余分な脂は落とす

余分な肉の脂を摂取しないようにしましょう。
前もって取り除いたり、調理の際に落とす方法もあります。

前もって脂を取り除きたい場合は包丁などで
脂の多い部分を切り落としてしまいましょう。

また調理時に取り除く方法としては、
肉を焼く際に通常のフライパンではなくグリルパンを使う
余分な脂は落とすことができます。

余分な脂を落とし、カロリーも抑えられるだけでなく、
肉の焼き目もキレイに仕上がるので食欲をそそりますね。

④良く味わう

良く味わうように丁寧に噛んで食べましょう。
実はしっかり噛んで食べるということは消化を助ける効果があるんです。

霜降り肉は口の中でとろけるような食感を味わえることから
『歯がいらないね』なんて言われますが、
良く咀嚼することで胃の負担が軽減されるのです。

⑤食べ過ぎに注意

食べられる許容量を超えないことも大切です。
脂肪は消化に時間がかかり、長く胃にとどまることによって胃もたれは起こります。

脂肪分が多い霜降り肉などを食べれば食べるほど
比例するように胃への負担は増えるのです。

どのくらい食べたら胃もたれを起こしてしまうのか?
という許容量は個人差があると思うので、自分の胃の能力を認識しておくのは大切ですね。

残念ながら霜降り肉のように脂肪分の多い肉は
食べられる量と、美味しく食べられる量は違うということかもしれません。

スポンサーリンク

2.胃もたれしにくいレシピ3選

霜降り肉を美味しく食べたい方のために
胃もたれしにくいレシピ3選をご紹介します。

①脂の甘みを堪能するすき焼き

とろけるような脂の甘みを堪能したいなら
すき焼きがおススメです。

すき焼きならば肉の余分な脂分を落とせるだけではなく
肉が硬くなりずらく、他の野菜に旨味が染み込んでくれるので一石二鳥です。

1鍋にお肉とネギを入れて軽く焼き目をつけます。
2お肉の色見が変わってきたら割り下を投入します。
3白菜→人参→しめじ→しいたけ→豆腐→春菊の順番で投入し
それぞれに火が通ったら出来上がりです。

美味しく食べるポイントはお肉はできるだけ常温に戻しておくことです。
上記具材は一例ですがお好みで沢山の野菜と一緒に摂ることができる
すき焼きは胃もたれしにくい料理として最適です。

②牛しゃぶのサラダ

霜降り肉はしゃぶしゃぶにして余分な脂分を落として
しまえばさっぱりと味わうことができます。

1お肉を沸騰した湯の中に投入し火を通します。
2ほうれん草やキャベツなどお好みの野菜にも火を通します。
3水分を切ったお肉と野菜を盛り付けてポン酢などでいただきます。

お好みでネギや大根おろしを和えたりしても美味しく出来上がります。
好きな具材でアレンジできて、さっぱりといただけるレシピです。

③わさびでステーキ

やっぱりステーキが食べたいならば調理法などで工夫して
胃もたれしにくくしましょう。
お肉のお供にはわさびがおススメです。

1お肉は網やグリルパンで焼き、余分な脂分を落とします。
2調味料は使わずわさびをのせて食べます。

わさびには抗菌作用があるだけではなく、お肉の焦げの毒性を弱めてくれる
という作用も期待できます。

さらに消化吸収を助けてくれる働きもあるんです。

スポンサーリンク

3.まとめ

【霜降り肉】で胃もたれしない食べ方
・調理法で工夫する
・乳製品や野菜を一緒に摂る
・余分な脂分を落とす
・良く味わう
・一度に沢山食べ過ぎない

美味しいお肉を食べた後の胃もたれは残念すぎるので
是非胃もたれしにくい方法を試してみてくださいね。

以上、胃もたれしない食べ方やレシピについてご紹介しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物

コメント