当サイトはプロモーションを含みます。

【冷凍ブルーベリー】は1日何粒・何グラムまで?注意点を解説

スポンサーリンク

「冷凍のブルーベリーは1日何粒食べると良いのか知りたい」
こんな疑問を解消します。

●この記事でわかること
1.1日何粒・何グラムがいい?
2.注意点!食べすぎるとどうなる?
3.より効果的な食べ方
4.たくさん食べるのが大変な人にオススメの食べ方

結論から言うと、1日に100粒程度を目安に食べましょう。

この記事を読めば、ブルーベリーを効率的に摂取できるようになります。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

1.【冷凍ブルーベリー】は1日何粒・何グラムがいい?

1日の目安は以下のとおりです。

目安は何粒?

1日の摂取目安は100粒程度です。
農林水産省が果物を1日に200グラム摂取することを推奨しているためです。

冷凍ブルーベリーの1粒の大きさによって多少変わります。

何グラム

1日の摂取量はおおよそ100~200グラムが目安です。
アントシアニンの量から考えても、100グラム程度の摂取は必要と言われています。

粒によって大きさが異なるので一概には言えませんが、おおよそ1粒1~2グラムです。

摂取量の上限は?

厚生労働省や農林水産省は、1日の果物摂取目標量を200グラムとしています。
ブルーベリーも200グラムを上限の目安としましょう。

ブルーベリーだけで考えると100~200粒となります。
他の果物も食べる場合は、合わせて200グラム程度となるように量を調節しましょう。

毎日100粒欠かさずに食べると考えるとなかなかの量ですよね。
無理のない範囲で続けることが大切だと思います。

スポンサーリンク

2.注意点!食べすぎるとどうなる?

ブルーベリーは栄養が豊富で毎日摂取したい果物です。
しかし食べ過ぎると、糖分の過剰摂取や腸の調子が悪くなるなどの悪影響があります。

糖分の過剰摂取になる

ブルーベリーは糖質の低い果物ではありますが、食べすぎには注意が必要です。

特に加工して食べるときには糖分に注意しましょう。

腸の調子が悪くなる

ブルーベリーは食物繊維が豊富な果物なので、適量であれば便秘の改善など腸内環境を整える働きをします。

しかし食べ過ぎると、むしろ便秘になる可能性があります。
不溶性食物繊維をとりすぎることで、便が硬く大きくなるためです。

また食べ過ぎると消化不良をおこし、下痢になる可能性もあります。

栄養が豊富なため多く摂取することが良いと思い、食べ過ぎてしまうこともあるかもしれません。
過剰な摂取は悪影響なので、1日の限度量を把握しておくことが大切だと思います。

スポンサーリンク

3.より効果的な食べ方

効果的に食べるポイントには主に以下のものがあります。

ヨーグルトと一緒に食べる

ブルーベリーに含まれている食物繊維は、善玉菌である乳酸菌などを増やす働きがあります。

そのため、乳酸菌やビフィズス菌が多いヨーグルトと一緒に食べることをオススメします。

脂質を摂取した後に食べる

ブルーベリーに含まれているビタミンEは、脂質の量によって吸収率が異なります。
脂質と一緒に摂取した方が、吸収率は高いです。
食事で脂質を摂取した後にブルーベリーを食べると効率的です。

毎日適量を継続して食べる

毎日果物200グラムを目安に食べましょう。

ブルーベリーに含まれるビタミンCやポリフェノールの一種であるアントシアニンは水に溶けやすいです。
そのため効果は長くは続きません。

一度に食べるより、数回にわけて摂取しましょう。
毎日継続して食べた方が維持できる可能性があります。

食後のデザートとして、3回にわけて食べると良いと思いますよ。

スポンサーリンク

4.たくさん食べるのが大変な人にオススメの食べ方

栄養の摂取を重視して考えると、冷凍ブルーベリーはそのまま食べた方が良いです。
しかし100粒ほどを毎日継続して食べるのは、なかなか大変ですよね。

そんなときはスムージーにすることをオススメします。
緑黄色野菜やヨーグルトなどと一緒にスムージーにすれば飲みやすいですよ。

食物繊維が豊富なバナナなどと組み合わせるのもオススメです。

そのまま食べたり、スムージーにしたりなど日によって変えて食べると続けやすいと思います。

スポンサーリンク

5.まとめ

  • 1日に100粒程度が目安
  • 食べ過ぎると糖分の過剰摂取や腸の調子が悪くなるなどの悪影響がある
  • 毎日継続して食後に食べる
  • スムージーにすると摂取しやすい

冷凍のブルーベリーは手に入りやすく、健康的な果物ですね。

適量を把握した上で、効果的な食べ方を試してみてはいかがでしょうか。

以上、冷凍ブルーベリーは1日何粒食べれば良いかについて解説しました。

ぜひブルーベリーを食べる際には参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物

コメント