当サイトはプロモーションを含みます。

【退院祝い】短いメッセージ例文5選!相手別にコツとセットで解説

スポンサーリンク

「退院祝いに短いメッセージを送りたいんだけど、なんて書けばいいのかな」

その疑問を解消します。

●この記事で分かること
1)【退院祝い】短いメッセージ例文5選!
2)短文で退院祝いを贈る時の基本構成とポイント
3)退院祝いメッセージの注意点
4)セットで渡すといい物

親族や友人が退院したのでお祝いをしたい、はたまた上司や取引先の人に向けて、という場合もあるかと思います。

ビジネス関係の場合は特に気を遣いますが、たとえ身近な人であっても改めて考えるとどうやって書けばいいのか迷ってしまいますよね。

今回は場合別に5つの例文をご紹介!
基本的な構成から注意点についても解説していくので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1)【退院祝い】短いメッセージ例文5選!

それでは早速、例文を5つ紹介していきます。

①定番

人を選ばずに使える書き方を覚えておいて損はありません。
これをベースに、相手に合わせて微調整してみましょう

「この度は、ご退院おめでとうございます。順調にご快復されているようで、非常に嬉しく思います。今後もご無理はなさらず、ご自宅でゆっくりとお過ごしください。またお会いできる日を楽しみにしております。」

②家族・親戚へ

親族に送る場合は、看病にあたった人への労いを加えてみましょう。

「おじいちゃん、退院おめでとう。大事に至らなくて安心しました。おばあちゃんもきっと同じ気持ちなんじゃないかな。でもまだ油断は禁物だよ? あまり動き回らず、ゆっくりしてください。また今度遊びに行きます。」

③友人・知人へ

勝手知ったる仲の人へは、少し砕けた感じでも良いかと思います。
明るい雰囲気になるよう意識しましょう。

「◯◯さん、退院おめでとう! 元気になってきたみたいでホッとしました。でもまだ本調子ではないと思うから、体力が戻るまで無理はしないようにね。体調が安定してきた頃合いに、また会いに行きます。」

④ビジネス関係の人へ

職場の上司や取引先の人へ送る場合は、改まった表現を心がけましょう。

また、職場復帰を催促するような言い回しは相手を焦らせることになるので、使わないようにしてください。

「○○さん、ご退院おめでとうございます。順調に快復へと向かっているとのこと、非常に喜ばしく思います。ですが、しばらくの間はご自分のお身体を優先し、ご静養ください。またお目にかかれる日を楽しみにしております。」

⑤療養が続く人へ

退院したからといって、全快とは限りません

通院やリハビリなどが今後も控えている人に対しては、以下のような文章がオススメです。

「この度は、ご退院おめでとうございます。ご家族のみなさんも安心されたことかと思います。ご自宅に戻られましても、まずはご自身のお身体を最優先し、どうぞごゆっくりご養生ください。一日も早く快復されますよう、心よりお祈り申し上げます。」
スポンサーリンク

2)短文で退院祝いを贈る時の基本構成とポイント

以下の構成を意識しましょう。

〈お祝いの気持ち〉〈本人やご家族への労い〉を盛り込むのがポイントです。

①退院したことに対するお祝いの言葉
②本人、看護したご家族への労い
③相手への気遣いの言葉
④結びの言葉

手紙でよく用いられる時候の挨拶ですが、これを含めると文章が長くなってしまうため、退院祝いでは不要と見なされていることが多いようです。

スポンサーリンク

3)退院祝いメッセージの注意点

ここからは、退院祝いの注意点をタイミングと内容の2点に分けて解説していきます。

①タイミング

タイミングは、退院後1週間から1ヶ月を目安にしましょう。

ちなみに、なんて書こうか悩みがちな「のし紙」ですが、相手の状況や贈る時期によって変えるのがベター

以下の例を参考にしてみてください。

 

・日常生活を送れるほど回復している:「祝 御全快」「快復祝い」
・今後も療養が必要:「祝 御退院」「お見舞い」
・退院祝いが遅くなった:「祝 御回復」

②メッセージ内容

短文を心がける上で突っ込んだ内容まで触れることはできないとは思いますが、病状についての話題はあまり持ち出さないようにしましょう

退院したといっても、まだ通院やリハビリが必要でまだ治っていないと感じている場合もあります。

そういったデリケートな部分をつつかれると、あまり良い気持ちはしませんよね。

また、「忌み言葉」と「重ね言葉」にも気をつけましょう。

特に重ね言葉は「くれぐれも」「益々」など、うっかり使ってしまいがち。

入院を”重ねる”、というイメージが含まれてしまうので、「ぜひとも」「いっそう」などの言葉に置き換えるのがオススメです

スポンサーリンク

4)セットで渡すといい物

メッセージの他に物品を添えると、よりいっそう喜ばれるかもしれませんね。

基本的には「消えもの」が良いとされています。
というのも、”病気や怪我が残らない”というイメージがあるから

今回は、3つピックアップして解説していきます。

①花

前向きになれるような、明るい色味を選ぶようにしましょう。

例えばガーベラは花言葉に「前進」「希望」という意味もあり、ぴったりですね。
夏場だったら、ヒマワリも華やかで良いかと思います。

一方、縁起の悪い花もあるので注意が必要です

・シクラメン(「死」「苦」の音が入っている)
・アジサイ(色褪せていく様子が不穏)
・菊(仏花に用いられるイメージ)

また、鉢植えも「寝付く(根付く)」というイメージがあるので避けましょう。

②フルーツ

お見舞いでもカゴ盛りのフルーツは定番ですよね。

瑞々しくて食べやすいですし、栄養も豊富
ちょっと高級なフルーツは普段手を出さない人も多いでしょうから、喜ばれるかもしれません。

しかし、バラ科のアレルギーを持っている人は食べられないフルーツも多いため、事前に確認することをおすすめします。

③石鹸、入浴剤

石鹸や入浴剤には「洗い流す」ものですから、それにあやかって「病気や怪我を洗い流す」という意味を込めることができます。

日常的にも使いやすいものではありますが、固形石鹼は使わない人もいるので、確実に喜ばせたい場合は事前にリサーチしておきましょう

ただし、見た目が可愛いものはインテリアとしても活用できそうなので、その点も考慮しつつ検討してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

・タイミングは、退院後1週間から1ヶ月を目安に
・突っ込んだ内容には触れないのがベター
・プレゼントは「消えもの」がオススメ

短い文章でも、ポイントを押さえれば気持ちをしっかり伝えることができます。

プレゼントを添える場合も、この記事を参考にしてくれたら嬉しいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マナー

コメント