■本サイトはプロモーションを含みます

【異動のお菓子】がいらないかは部署次第!失敗しないマナー7つを解説

スポンサーリンク

「部署や店舗の異動が決まったら、挨拶は必須ですがその際にお菓子も用意した方が良いのか?」

そんな疑問について解説していきます。

●この記事でわかること
1.【異動のお菓子】はいらないかは部署次第!(いる場合、いらない場合)
2.お菓子を配る場合に知っておきたいマナー7つ

結論から言うと
異動のお菓子がいらないのかは、その部署次第です。

新たな部署での心機一転前に
社内での小さな失敗で自分の評判を落としてしまっては勿体ないですよね。

この記事を最後まで読んでいただけると
そんな失敗も未然に防げることでしょう。

では早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.【異動のお菓子】はいらないかは部署次第!

異動する際のお菓子はいらないのか?はその部署次第と言えます。

では詳しくご紹介していきますね。

〖いる場合〗

まずお菓子を配った方が良いのは、
その部署で配付する常例がある場合です。

過去に異動した人などがお菓子を配っていたとします。

それがその部署で習慣化されているのならば、
それをしないあなたはマイナスの印象を与えてしまいかねません。

異動していった先輩や同僚はどうしていたのか?
思い出したり、可能ならば本人に確認してみると良いでしょう。

異動する部署においてお菓子を配る常例があるならば
持参することをおススメします。

〖いらない場合〗

お菓子を配る常例のない部署である場合、いらないと言えるでしょう。

逆に、その部署にその習慣がないのに、
持参してしまうと、次の人もお菓子を持参しなければ気まずい・・・

という状況を作ってしまうかもしれません。

もしも、お世話になった特定の同僚に感謝の気持ちを渡したい

と思うならば、人目を避けてこっそり渡すのがベストです。

お菓子を配る習慣がないならば、持参しなくても大丈夫でしょう。

スポンサーリンク

2.お菓子を配る場合に知っておきたいマナー7つ

次に、配付する場合の知っておきたいマナーを7つ
ご紹介していきます。

①配る順番は上司から

配る順番は上司を先にするのが望ましいです。
そして上司の中でもより職位の高い方を優先しましょう。

そのため、お菓子を配る日の上司のスケジュールは予め確認をして
おくと安心ですね。

ただ、上司が急な用事や会議が長引いているなどで
定時を過ぎても戻るか不明な時は、上司が先ではなくても
終業時に全員に配り終えることを優先してくださいね。

不在で会えない方にはメッセージを添えておくと良いですよ。

可能なかぎりで、配付する順番は上司を先にしましょう。

②数は多めに用意する

実際の人数分よりも少し多めの量を用意しておくと安心です。

実際に筆者の経験では、
『もうひとつ貰ってもいいかな?』
なんて言われることもありました。

そんな時に全員に行きわたらないかも・・・と焦らなくてすむように
お菓子の数は少し多めに用意しましょう。

③個包装されているもの

個包装されているタイプのものを選ぶのがおススメです。

個包装の方が手を汚さず食べることができたり
小分けしなければいけないようなものだと手間になってしまいます。

個包装されていると衛生面も手間の面でもクリアできますね。

④賞味期限の長いもの

日持ちのしないものは配ったその日に食べなくてはいけません。

当日、出張などで不在の方には渡せませんし、その時に超多忙である人にも
負担になってしまうかもしれません。

賞味期限が長いお菓子ならば、その日に職場で食べられなくても
後日手の空いた時やお持ち帰りも可能になります。

賞味期限は長めのものを選びましょう。

⑤常温で保存できるもの

冷蔵保存が必要なものは避けた方が良いでしょう。

渡した相手の方が直ぐに食べられるとは限らず、
冷蔵保存が必要だと気ずかれずに後日食されたとしたら・・・

感謝の気持ちも台無しになってしまいますね!?

そうならないように常温で保存できるものを選ぶのは必須です。

⑥配る相手のことを考える

配付する相手のことを考えることも大切です。

例えば、上司や同僚が比較的年齢層が高いならば
流行りの見た目重視の洋菓子よりも、老舗の味重視の和菓子が好まれるかもしれません。

そういったように、配付する人たちの年齢層、知っている場合は好みなどに配慮できたら、あなたの感謝の気持ちもより伝わりますね。

⑦勤務最終日に配る

配る日程は勤務最終日が望ましいです。

最終日以前に配らないことで相手が〖お返し〗のことを考慮するという
気を遣わせないためです。

お菓子を配るのはできるだけ最終日に行うのがスマートです。

スポンサーリンク

3. まとめ

部署や店舗の異動が決まったらお菓子を配るべきなのか?
その部署次第

【お菓子を配る場合に知っておきたいマナー7つ】
①配る順番は上司から
②数は多めに用意する
③個包装されているものを選ぶ
④賞味期限の長いものを選ぶ
⑤常温で保存できるものを選ぶ
⑥配る相手のことを考える
⑦勤務最終日に配る

ひとたび異動が決まったら
挨拶の仕方はどうするべきか悩むことも多くて大変ですよね。

でもお世話になった人たちとの場面を思い浮かべながら選んだ感謝の気持ちはきっと伝わりますし、悩んだ分だけ自分にとってもプラスに働くのではないかなと思いました。

そうなるように、異動の際のお菓子について悩んでしまったなら、
是非とも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
職場

コメント

error: クリックできないページ