当サイトはプロモーションを含みます。

【バイト採用電話】がギリギリまでかかってこない理由3つ!NGも解説

スポンサーリンク

「バイトの面接からしばらく経つのに採用電話がかかってこない!ギリギリにくるものなの?」

そんな疑問を解消します。
●この記事で分かること
1)【バイト採用電話】がギリギリまでかかってこない理由3つ
2)採用電話はギリギリにかかってくるパターンが多い?
3)期日を過ぎるまでは問い合わせしないほうがいい理由3つ

採用面接が終わったら、なるべくすぐに、なんなら当日中にでも結果を知りたいものですよね。

しかし採用の連絡はギリギリになることも少なくないようです。

いったいどうしてなのでしょう?

理由は様々ありますが、基本的には先方が忙しいという要因が大きいと言えます。

以降でより詳しく解説していくので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1)【バイト採用電話】がギリギリまでかかってこない理由3つ

バイトの採用連絡がなかなか来ない理由はいくつか考えられます。
ここではよくある3パターンを紹介していきます。

①採用担当者が忙しい

採用担当者は、1人だけの面接をしているわけではありません。

他の候補者を面接し、誰が適しているかを選考するには時間がかかります

さらに予想以上に応募数が多かったり、実力差が並んでいたりすると決定が難しくなり、合否連絡がギリギリになってしまうことも予想できます。

さらに、その他にも仕事をかかえていることがほとんどです。
他の業務で忙しく、合否連絡に手が回っていないのかもしれません。

待っているのも辛いですが、ここは採用担当者を慮って少し待ってみましょう。

②上長・本社の処理が進んでいない

規模が大きいお店の場合、採用担当が合格と判断しても、上長以上に決裁を回す仕組みになっていることもあります

関わる人が多くなればその分やり取りの数は増えますし、一人ひとりの忙しさも影響してきます。

たまたま席を外していた……なんてことがあると、そこで止まってしまうので遅くなってしまうのです。

③補欠合格の可能性

「補欠合格」という結果担っていた場合、別の内定者が辞退した後で連絡されることになるため、ギリギリになってしまいます。

なるほど。

しかし、ギリギリだったからといって常に補欠合格だというわけでもありません。
①②が理由で遅くなっていることもあるため、気落ちせずに待ってみてください。

その際、念のため迷惑メールや着信拒否設定がされていないか確認しておくと良いですね。
連絡を受け取れる万全の準備を整えておきましょう。

スポンサーリンク

2)採用電話はギリギリにかかってくるパターンが多い?

以上の理由から、ギリギリにかかってくる場合も考えられます。

「◯日以内に連絡します」と言われているのであれば、その日数+1日は待ってみましょう。

特に何も言われていなかったときは、少なくとも1週間程度は様子を見てください
それでも連絡がなければ、合否はいつ頃教えてもらえるのか問い合わせしてみましょう。

スポンサーリンク

3)期日を過ぎるまでは問い合わせしないほうがいい理由3つ

他のバイトの面接も受けたいし、なによりも気になる! と早く結果を知りたくなってしまいますよね。

しかし、期日前に問い合わせするのはおすすめできません

その理由としては以下の3つが挙げられます。

①せっかちな人と思われ、選考に悪影響となるかも
②担当者の時間を奪ってしまう
③正当な理由にならない

③正当な理由にならない」に関して、待っているのだからいいじゃないかと思われるかもしれません。

しかし、期日までの間は担当者が忙しい合間を縫って連絡をしようとしている可能性がいつでもあります。

つまりその間は担当者に非があるわけではなく、気になるから」という理由で問い合わせるのは正当性がないのです。

期日を過ぎてもなお連絡がなかった場合に初めて担当者の非が発生し、それと同時にこちらから問い合わせる正当性が生まれるといえます。

スポンサーリンク

まとめ

・選考や他業務に時間がかかっているのかも
・言われている期間、あるいは1週間ほどは様子を見て
・「不安だから」という理由だけで連絡するのはNG

早く結果を知って、ダメだったら次に進みたいという気持ちはよくわかりますが、焦るあまり問い合わせをするのは逆効果になりかねません。

今後の準備期間と割り切って、合格したときのためにそのお店のことを調べてみたり、不合格だった場合にすぐ別のお店に応募できるようにしておきましょう。

そうしていると不安な気持ちも小さくなるのでおすすめですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
職場

コメント