当サイトはプロモーションを含みます。

【墓参りの行き過ぎ】はダメじゃない!手ぶらで大丈夫かも解説

スポンサーリンク

「墓参りの行き過ぎはダメなのか?」

こんな疑問にお答えします。

あなたは最近、墓参りをしていますか?墓参りの頻度について、考えたことはありますか?
先祖の霊を弔うため、亡くなった故人を思い、会いに行くため。

理由は人それぞれですが、実際にはどれくらいの頻度がいいのでしょう。

今回は次の3点を解説します。

・【墓参りの行き過ぎ】はダメ?
・毎回お線香やお花を持っていくべき?手ぶらでOK?
・お墓参りに行くと良い日や時期5選

結論から言うと、墓参りの行き過ぎはダメ、ということはありません。

いつでもよく、あなたの気持ち次第です。

先祖の霊や故人を思い、弔う行為が重要でしょう。

この記事を読むと、墓参りの頻度であれこれと悩むことがなくなります。
それでは解説していきます。

スポンサーリンク

1.【墓参りの行き過ぎ】はダメ?

何度も言いますが、墓参りは基本的にいつでも大丈夫です。

毎日そこへ行くのも、お盆や命日に訪れるのも、あなた個人の自由になります。

法律で規制されているわけではありませんし、お寺から文句を言われることもないでしょう。

お墓が近くにあれば毎日でも行けますが、ほとんどの方は、お盆や命日の年、数回です。
遠方だと行くのも大変ですからね。

特に田舎だと、交通手段が限られます。そのため長期休暇を利用して、墓参りするのがいいですよ。

コロナも終息したので、これを機会に墓参りする方も増えます。
回数を気にせず、お墓に訪れてみましょう。

スポンサーリンク

2.毎回お線香やお花を持っていくべき?手ぶらでOK?

お盆や命日など決まった行事のときは、お線香やお花を持っていくべきでしょう。

持っていかないと、あなたが非常識に思われます。

毎回お墓へ訪れる方は、なにも持たないでOKです。

久しぶりの墓参りでお線香をあげ、お花を変えてあげる。

「やっと来たのにおまえ、なにも持たずに来たのかよ」
と故人に思われないためにも、お盆や命日にお供えものは持っていきましょう。

その方が喜びますよね。

基本的には、毎回持って行かなくても大丈夫です。

スポンサーリンク

3.お墓参りに行くと良い日や時期5選

墓参りに行くと良い日や、時期を5つまとめてみました。

お盆

通常はどこの家庭も、この時期に墓参りにいきます。

故人の霊が帰ってくる日と言われており、親戚が集まり、大勢で訪れるパターンもあるでしょう。

私の実家も、お盆で墓参りにいきました。

お彼岸

言葉は知っていましたが、実際にいつのことかは、わかりませんでした。

お盆と一緒の時期、と思っている方も多いのでは。

お彼岸とは、春分と秋分の日前後の約1週間を指し、故人への供養や感謝の気持ちを表す重要な期間です。

命日

命日に墓参りにいくのも一般的です。

故人が亡くなった月日を指し、特別な思いを持って追悼、または思い出に馳せる日です。命日と月命日があるのを、私は知りませんでした。

どちらも、亡くなった故人を思う日には変わりません。

月命日

命日が亡くなった月日を指すのに対し、こちらは日にちを指します。

命日と混同してしまいますが、命日は年1回、月命日は年11回です。

家族や親しい友人を亡くしたときは、私もこの日に訪れるでしょう。

年末年始

この時期に墓参りする方は、地域によると思います。

私の実家は、年末年始に行きませんでした。

お盆と一緒で親戚一同が集まる日、そのため、墓参りする方もいるのです。

スポンサーリンク

まとめ

墓参りについていろいろ調べてみましたが、知らないことも結構あり、勉強になりました。

子供の頃から何気なく行事に参加していましたが、大人になったこのとき、考え直すいい機会になりました。

その地域によって独特のやり方、各家庭に伝わる墓参りの仕方、さまざまな方法がありますが、思うところは1つです。

あなたが亡くなった先祖の霊や故人を思い、弔う。その特別な墓参りに行き過ぎてはダメ、ということはありません。

いつでもよく、あなたの気持ち次第です。故人の悲しみを和らげ、そして思い出に浸る。墓参りという行事は、令和の時代になっても変わらない、唯一の存在なのです。

毎日とは言わなくても、年数回だけ故人を思い、墓参りに訪れてはどうでしょうか。
以上、墓参りの行き過ぎはダメ?でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スピリチュアル

コメント