当サイトはプロモーションを含みます。

【好きな人】がどうでも良くなった?スピリチュアルの意味6選を解説

スポンサーリンク

「好きな人のことが、どうでも良くなっちゃった。これっておかしいのかな……」

そんなお悩みを解消します。

[この記事で分かること]
1)好きな人がどうでも良くなった?スピリチュアルの意味6選
2)どうでも良くなった後の過ごし方や対処法3選

恋愛に悩みはつきものですよね。

その中で、自分でもわからないまま「相手のことがどうでも良くなってしまった」という経験はないでしょうか。

一般的には価値観の違いやストレスといった要因が挙げられますが、スピリチュアルな世界から見るとまた違った側面が見えてきます。

今回のコンセプトで重要になるのは「魂」の成長です。

この記事ではスピリチュアルな意味に加え、対処法についても解説していきます。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

1)好きな人がどうでも良くなった?スピリチュアルの意味6選

ここからは、好きな人がどうでも良くなった理由をスピリチュアル的側面から6点解説していきます。

①互いの魂の成長度合いにズレが生じた

人間には魂が宿っており、その時々にある課題や困難をクリアしていくことで成長していきます

そのため、最初は同じくらいの成長度合いだったとしても、ズレが生じていくこともあるでしょう。
自分の方が先に進んでしまった、あるいはその逆も考えられます。

そうしたときに違和感を覚えるようになるのです。

②互いの魂の進むステージが別だった

成長度合いのズレとは異なり、実は進む方向性が別だったという可能性もあります。

課題はみな同じではありません
付き合っていたとしても別々の人間なので、それぞれの課題を抱えています。

それらをクリアしていった時に、気づいたら別のステージへ進んでいたということもあるのです。

③運命の人ではなかった/運命の流れが変わった

運命の人というのは最初に出会った時に強い印象を受けるのが特徴的ですが、勘違いであることも考えられます

一緒に過ごしていくうちに違和感を覚えはじめ、運命の人じゃないかも……と思った瞬間に気持ちが冷めていってしまうことも。

また、運命の流れは固定されているわけではなく、変化していくものです。
これは高次元の存在が動かすものなので、流れに逆らうよりも受け入れてしまいましょう。

④波動の相性が合わなくなった

波動とは、人間が一人ひとり持つエネルギーのことです。
人によって高低の差があり、高さが合うと自然と惹かれ合っていきます。

しかし波動も成長・変化していくもの
最初は同じ高さだった波動が合わなくなっていくことで、心の距離が遠くなっていくのです。

⑤自分のエネルギーが弱っている

恋人にかかわらず、人と付き合っていくのにはエネルギーを必要とします。

それが低下していると相手に割く心の余裕がなくなり、関心が薄れたり相手の短所ばかり目につくようになったりするのです。

エネルギー不足の原因はストレスであることが多いので、日々の生活を見直してみましょう。

⑥自分の魂の素質を理解できていなかった

魂や波動の成長には、自分の魂の素質を理解している必要があります。
わからないままだと成長の方向性を誤ってしまう可能性があるからです。

人間関係に対しても、自分のことがわかっていないと本当に相性が良い人を見つけることができません。

「どうでも良くなった」は、本当の自分がわかってきたことによって「実は相性が合っていなかった」ことが判明したのかも……。

スポンサーリンク

2)どうでも良くなった後の過ごし方や対処法3選

ここからは、どうでも良くなってしまった時の対処法を3点解説していきます。

①一度距離を置いて自分の気持ちを確かめる

気持ちが離れてしまった後に一緒に居続けても、事態は停滞・後退してしまうでしょう。

ここは一度距離を置き、自分の気持ちを確かめてみてください。
物理的に離れることで、フラットに物事を考えることができると思います。

そこで相手が近くにいないことに寂しさを感じたら、まだ好きという気持ちが残っているということ。
逆にスッキリとしたのなら、「どうでも良い」は本物だったと言えます。

②相手の長所に目を向ける

どうでも良くなっている時は、相手の短所ばかり目につくものです。

人間には誰しも短所があります。
しかし長所があるからこそ、あなたはその人と付き合ったのではないでしょうか

当時の気持ちを思い出しながら、無理矢理にでも長所に目を向けるようにしてみましょう。
そうすることで気持ちが盛り返してくるかもしれません。

③恋愛以外に打ち込んでみる

恋愛のことで悩みすぎると視野が狭くなりがちで、良い解決策も見えてこなくなります。

そこで、恋愛以外のことに取り組んでみましょう。

仕事でも趣味でもなんでも構いません。
その間は恋愛のことを思い出さないくらい打ち込めるものが良いですね。

他の分野に取り組むことで視野が広がり、多角的に物事を考えることができるようになります。

その結果、相手の立場や気持ちを理解しやすくなり、思いも変わっていくかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

・「どうでも良い」は魂や波動が変化したからかも
・自分の魂の素質、あるいはストレスにも目を向けて
・一度距離を置いて冷静に考えるのもおすすめ

人間は常に変化していきますから、自分も相手も知らず知らずのうちに出会った当初とは別人になっていきます。

その過程で魂や波動が合わなくなっていくこともあるでしょう。

問題はそれが本当なのか、それとも一時的な気持ちなだけなのか?ということ。
一度相手や恋愛と距離を置き、ぜひ自分の内面と向き合ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スピリチュアル

コメント