当サイトはプロモーションを含みます。

【人見知り】だけど慣れると話すのはなぜ?理由5つと克服法3つ

スポンサーリンク

「人見知りだけど慣れると話すのはなぜ?」

その疑問を解消します。

●この記事でわかること
1.【人見知り】だけど慣れると話すのはなぜ?理由5つ
2.早く人に慣れるための克服法や対処法3つ

結論から言うと、警戒心が強かった状態から
緊張がほぐれて相手に心を開くようになるからです。

この記事を読めば、人見知りを克服し、
楽しくコミュニケーションがとれるようになるでしょう。
さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.【人見知り】だけど慣れると話すのはなぜ?理由5つ

①相手がどんな人かわかったから

初対面の人と話すのは緊張しますよね。
しかし相手がどんな人なのかがわかれば安心するので、楽しく話せるようになるからです。

②自分のこともわかってもらえたから

自分の性格もわかってもらえたら、緊張もなくなりますね。
お互いのことをわかることで、話しやすくなり気持ちも楽になるので

安心して自分を出せるようになります。

③慣れて緊張しなくなったから

心を開くまでに時間がかかりますが、何回も会うことにより、どんどん慣れていきます。
そうなると気持ちにも余裕が生まれ、どんどん自分から話すようになっていきます。

④仲良くなり、楽しくなったから

単純に仲良くなれば、楽しくなりますよね。
お互いの近況を聞いたり、共通の話題などもどんどん増えていきます。

話のネタを探さなくても自然と話すことができますね。

また、仲良くなれば本当の性格もわかってきます。

⑤しゃべること自体は好きだから

仲がいい人が少ないだけで、話すときはよく話すんです。
「どんな人とも気軽に話す」ことが苦手なだけで、話すこと自体は好きな人が多いです。

人見知りな人ほど、実はおしゃべりというウワサも多いですよ。
最初のきっかけさえあれば、スムーズに話が進むのです。

スポンサーリンク

2.早く人に慣れるための克服法や対処法3つ

①カミングアウトする

最初に自分が「人見知りだ」とカミングアウトしてしまいましょう。
また自分という人間がどういう人間かをさらけ出してみましょう。

自分からオープンにすることで、どういう人間かをわかってもらえます。

そうすれば気持ちも楽になり、緊張もほぐれますね。

②聞き上手になる

コミュニケーションの基本は「聞くこと」です。
しゃべらなければいけないのではないかと悩まずに、まずは聞き役になりましょう。

簡単な質問をして話を聞き、その答えに5W1Hで質問すると
さらに話は広がっていきます。

そしてその答えに必ずリアクションをしましょう。
せっかく答えてくれても、反応がなければ相手もいい気持ちはしません。

表情と声に出して、リアクションすることで相手も「しっかり聞いてくれている」と感じ話しやすくなるでしょう。

③話しかけられやすい人になる

「話しかけないでほしい」というオーラは出してはいけません。
また、忙しそう、イライラしてる、怖い、暗そう・・・などと見える人には
話かけにくいですよね。

笑顔が明るい人、柔らかい印象で優しそうな人、落ち着いて見える人などには
人は話かけやすいのです。自分から話をすることよりも、相手から話してもらうことがポイントです。

スポンサーリンク

まとめ

・初めは警戒心が強く、なかなか心を開けないから
・お互いのことがわかれば、緊張しなくなり仲良くなれる
・カミングアウトして、自分のことをわかってもらう
・自分から話すのではなく、聞き役になる
・話しかけやすいような雰囲気を出す

実は、人見知りの人は意外とたくさんいますよね。
私もそうです・・・心を開くのに時間がかかってしまうんです。

しかしそれを先にカミングアウトしてしまって、
早めに自分のことをさらけ出すと、意外と早く距離は縮む気がします。
そうすると「そうは見えない!」と言われることもしばしばあります。

まずは緊張しすぎずに、開き直ることもいいかもしれません。
本当は仲良くなってたくさん話したい、と思っている
「人見知り」な人は多いですから。

勇気をもって、自信を持って話かけてみましょう。
そして楽しくコミュニケーションが取れるようになれば
プライベートだけでなく仕事などにもいい影響が出てくるかもしれませんね。

以上、「人見知り】だけど慣れると話すのはなぜ?理由5つ、でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人間関係

コメント