当サイトはプロモーションを含みます。

【電源タップ】を壁に固定する方法3選!注意点と便利アイテムも

スポンサーリンク

「電源タップを壁に固定する方法や注意点を知りたい」

こんな疑問を解消します。

今回は次の5点を解説していきます。

  1. 固定方法3選
  2. 固定時の注意点
  3. 賃貸の注意点
  4. 固定の仕方
  5. 壁掛け時に活躍するアイテム

壁に固定する方法を結論から言うと 

面ファスナー・両面テープ・フック・ 専用ホルダー」があります。

パソコンやスマートフォン、 タブレットなど、自宅の床が配線だらけになっていませんか?

配線をまとめ、乱雑な床をキレイにするための便利グッズとして重宝されているのが電源タップです。

しかし、この便利な電源タップも詳しい固定方法や注意点を知らない状態で設置してしまうと壁が崩れたり、最悪火災になってしまう危険性も…。

この記事ではこのようなことにならないために、壁に固定する方法や注意点、さらに 壁掛け時に活躍してくれるアイテムまでご紹介していきます。

コードだらけの乱雑な部屋からスッキリと収納された部屋にするために…。

まずは固定方法から見ていきましょう!

スポンサーリンク

1.電源タップを壁に固定する方法3選!100均のグッズでできるものも

1.面ファスナー・両面テープ

面ファスナーや両面テープであれば壁に固定することができます。

粘着力が弱いとすぐに剥がれてしまうため、強力なものがおすすめです。

しかし、賃貸物件は壁の剥がれ落ちに注意が必要なため、マスキングテープの使用をおすすめします。

2.フック

フックで配線をまとめることも可能です。

100均でも購入することができ、低価格で気軽に購入できるという点から人気が高まっていますが…、1つ注意しておきたいのが、壁です。

フックは壁に直接テープで貼り付ける形になるため、賃貸物件は壁が剥がれてしまわないようにマスキングテープなどで対応するようにしましょう。

3.専用ホルダー

壁掛け可能な専用ホルダーを使用する方法も。

壁掛けのホルダーは縦に収納したい時に便利なアイテムですが、それ以外にも設置が自由にできるというメリットがあります。

 

庶民の味方の100均でもはや探せないものはない…! 

それでもクオリティが心配…、という人はホームセンターを おすすめします。

スポンサーリンク

2.【共通】固定するときの注意点

固定する際注意したい点は、発熱の危険があるということ。

大容量の電力を使用するコード同士をまとめてしまうことで発熱の危険性が出てきます。

また、 完全に固定をする場合は国家資格を保有したプロに依頼しないといけません

独自で完全固定を行った場合、火災時保険がおりない可能性もあります。

コードをまとめるのではなく、1つずつ収納していくようにし、熱がこもらないように工夫して収納するようにしましょう。

スポンサーリンク

3.賃貸の場合の注意点

配線を収納する際、 壁が剥がれてしまったり、傷ついてしまうという可能性も。

賃貸物件の場合は壁に傷をつけてしまうと退去の際に料金を請求されるケースがあります。

このようなことにならないために マスキングテープを使用するなどして、壁を傷つけないように工夫をしましょう。

 

私は賃貸物件を渡り歩いて来ましたが、 壁に穴を開ける程度であれば料金を課されることはありませんでした。

しかし、壁が剥がれ落ちるとなるとまた別の話になり、退去時の請求が発生する可能性が出てきます。

賃貸はあくまで借り物。
丁寧に扱うようにしましょう。

スポンサーリンク

4.配線の固定の仕方

配線モール 

部屋になじみやすい配線モールは無難でおすすめ。

配線モールは壁色に合わせた物が多いため、生活感を出しにくくしてくれます

ホームセンターは種類が多めですが、 最近では100均でも購入可能です。

フック・クリップ 

ITの普及により最近では100均でも配線コードをまとめることができるフックやクリップが購入可能に。

フックは壁に取り付けるだけという非常に簡単でシンプルなものです。

低コストで部屋をすっきりさせたいという人におすすめの方法です。 

 

配線の収納や片付けは現代人にはもはや必須…!

しかし、どうせ配線をまとめるなら可愛くおしゃれにしてみたいものですよね。

最近は配線収納も部屋のコーディネートがしやすように様々な商品が販売されています。 

100均やおしゃれ雑貨店であなたの部屋に合った掘り出し物を見つけてみましょう!

スポンサーリンク

5.電源タップを壁がけするときに活躍するアイテム

マグネットシート

マグネットシートに電源タップを貼ることで、壁を傷つけることなくしっかり固定をすることができます。 

しかし、 通常の壁ではなくマグネットの設置ができる壁に限定される、というのが若干デメリットに。

マスキングテープ 

マスキングテープは作業用のテープ。

種類は多くありますが、電源タップの壁掛けに使用する際は、フックやクリップに貼り、壁の保護として使用します。

壁を傷つけたくない場合や賃貸物件に住んでいる人には必需品です。 

面ファスナー

面ファスナーはタイルやプラスチックなど様々な材質に使用可能です。

ドライヤーで熱を入れて壁への吸着力を高めます。

強力な粘着を持つものが多いため、 マスキングテープの保護とセットで使用する様にしましょう。

 

マスキングテープといえば可愛いイメージでしかなかったのですが、 種類もいろいろあり、便利なものもあるようですね。

スポンサーリンク

まとめ 

壁に固定する方法は

「面ファスナー・両面テープ・フック・専用ホルダー」

 固定する際の注意点の注意点

「ネジを使用したりの完全固定は NG」

賃貸物件の注意点

「 マスキングテープで壁に傷がつかないよう保護を行う」

 固定の仕方

「 配線モール・フック、クリップ」

壁掛け時のアイテムは

「 マグネットシート・マスキングテープ」 

以上、電源タップの壁固定、注意点について解説しました!

壁を上手に使用し、かつ、スッキリおしゃれにまとめられるように、この記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活の豆知識

コメント