当サイトはプロモーションを含みます。

【爪伸ばすのは汚い?】周りからの印象や注意点・怖~いリスクを解説

スポンサーリンク

「爪を伸ばすのは汚いの?周りからどう思われるかな」

今回はそんな悩みを抱えている人に向けて、爪を伸ばすことについて、周りからの印象や注意点を解説いたします。

スポンサーリンク

1.爪伸ばすのは汚い?周りからの印象

ズバリ、ただただ伸びた爪は、周りからの印象はあまり良くありません

きちんとネイルケアをして初めて好印象を持たれます。

ここから印象が良くない爪の特徴や、ネイルケアの仕方を解説しますので

参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

2.印象が良くない爪の特徴

ネイルをしていない

マニキュアやジェルネイルなどをしているときちんとケアをしている印象になります。

実際、自分でネイルをする時やネイルサロンに行けば、自然に自分の爪を良くみてケアしますよね。

爪が長くてもネイルをしていることできちんとケアして伸ばしている、と印象を持ってもらうことができます。

爪や指先が乾燥している

爪も皮膚の一部。

お手入れを怠れば乾燥して、二枚爪になったり、縦に線が入ったりします。

また、爪に近い指先にささくれなどが目立つと、同様に良い印象を持たれにくくなります。

汚れている

爪を伸ばせば伸ばすほど、爪と皮膚の間に汚れが入り込みやすくなります。

周りから見れば、そんな爪は不快でしかありません。

特に爪が長くなってきたら、手を洗うときにきちんと爪の間までしっかりと洗うことで清潔に保つことができます。

ネイルブラシなど、爪の間を洗うための専用ケア用品もありますので、購入を検討してみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

3.汚い印象を与えない爪の伸ばし方やケアの仕方

保湿

ネイルオイルなどで保湿することで、美しい爪に育てることができますよ。

特に爪の根本に入念にオイルやクリームを塗り込みマッサージをすることで健康な爪を伸ばすことができます。

丁寧に扱う

できるだけ爪先を使わないように気をつけて生活することで、爪が欠けたりすることなく綺麗に伸ばすことができます。

缶を開けるときなど、爪でしようと思って折ってしまった経験はありませんか?

できるだけ道具を使ったり指の腹を使ったりして、爪に負担がかからないように生活するといいでしょう。

爪きりを使わない

爪きりは爪を痛めてしまう原因になります。

基本的に爪はやすりで削って形を整えましょう

そうすることで爪が割れるリスクも減り、綺麗に伸ばすことができます。

甘皮の処理

爪の根本と指先が接するところに甘皮があります。

この甘皮をケアすることで、ネイルの仕上がりが断然美しくなります

甘皮があるとどうしてもそこのネイルが浮いてしまって剥がれやすくなりますし、形も悪く短く見えてしまうからです。

甘皮処理用のウッドスティックなどで優しく押し上げるようにケアします。

無理やりすると返って汚くなってしまったり、怪我の原因にもなりますので注意してくださいね。

押し上げた後は必ずオイルなどを塗りこんで保湿しましょう。

スポンサーリンク

4.爪を伸ばすリスクは?

皮膚を傷つける

長い爪は自分や相手を傷つけてしまう恐れがありますので、十分注意しましょう。

雑菌の繁殖

長い爪と皮膚の間には目に見えない雑菌が入り込みやすくなります。

そこから感染が起こることも考えられますので、爪を伸ばしているときは特に爪の間まで丁寧に洗うよう心がけましょう。

巻き爪

足の爪に起こりやすい巻き爪ですが、手の爪にも起こることがあります

間違った爪の切り方を続けていたり、乾燥したり、ときにはジェルネイルが巻き爪の原因になることも。

少しでも爪に異変を感じた時はそのままにせず、病院へ行ったりして対処しましょう。

そして痛みが強いときには長い爪にこだわらず、一度短い爪に戻して様子を見ましょう。

スポンサーリンク

5.まとめ

・ただ伸ばしている爪の印象は良くない。
・きちんとネイルケアをすることで好印象の指先に!
・ネイルケアには保湿、爪やすりで形を整える、甘皮の処理が大切。

爪先にまできちんと気を配ることで、周りから好印象を持ってもらえる爪にすることができるのですね。

以上、爪を伸ばすことについての解説でした。

きちんとケアして素敵な指先を手に入れてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
女子

コメント