当サイトはプロモーションを含みます。

【落ち葉】の吹き溜まり対策3選!道具を使った方法と放っておくリスク

スポンサーリンク

「落ち葉の吹き溜まりの対策を知りたい」

こんな疑問を解消します。

●この記事でわかること
1.【落ち葉】の吹き溜まり対策3選!道具を使った方法
2.吹き溜まりを放っておくリスクやデメリット5つ
3.予防するための便利グッズ

結論から言うと、竹ぼうきやブロワーを使用すると効率的に掃除できます。

この記事を読めば、落ち葉の吹き溜まりに対する悩みが軽減されます。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

1.【落ち葉】の吹き溜まり対策3選!道具を使った方法

毎年のように落ち葉の吹き溜まりに悩まされているということもありますよね。
特に秋は落葉する植物も多いので、毎日の悩みになるかもしれません。

少しでも効率的に掃除ができる方法を3つ紹介します。
主に以下のような道具を使用します。

熊手を使用する

熊手は先端に曲がったつめが付いていて、落ち葉をかき集めるために使用できます。
芝生や砂利の上でも使用できるので便利ですね。

ミニの熊手など大きさにも種類があります。
吹き溜まりの場所に合わせて、熊手を使い分けるのもおすすめです。

竹ぼうきを使用する

落ち葉を集めるためのほうきには、竹ぼうきをおすすめします。
毛が硬めになっているため、落ち葉を集めやすいです。

また竹ぼうきは、丈夫な作りになっているため壊れにくいです。
通常のほうきと比較すると、砂利の上でも使用しやすいですよ。

竹ぼうきは垂直に使用するよりは、少し寝かせて掃くと広い範囲の落ち葉を集められます。

専用の掃除機を使用する

手軽に落ち葉を集めるための道具として、落ち葉用の掃除機があります。
「ブロワー」として販売されています。

ブロワーは風を送る機械のことです。
落ち葉を風で吹き飛ばし、一か所に集めて掃除をします。

砂利の上であっても、ほとんど砂利をくずさずに集められるため便利ですよ。

ブロワーによっては、吸い込む機能付きのものもあります。
落ち葉の回収までできるので便利です。

掃除をするときは、落ちそうな葉を先に落としてしまってから始めることをおすすめします。
周りの葉を吹き溜まりに向かって集めていくと効率的です。

落ち葉の掃除をするにはいくつかの道具がありますが、場所によっては使いにくい物もありますよね。
場所に合った道具を選択することが大切だと思います。

スポンサーリンク

2.吹き溜まりを放っておくリスクやデメリット5つ

掃除をしても、気づけばまた溜まっている落ち葉にうんざりして、そのまま放っておきたくなることもありますよね。
しかし吹き溜まりを放置しておくと、以下のようなリスクやデメリットがあります。

虫の被害が出る

地面が落ち葉でおおわれるとそれが虫のエサとなるため、害虫被害が発生します。
虫にとって居心地の良い環境になり、どんどん増えてしまいます。

たとえばシロアリです。
建物の近くに落ち葉が溜まっているときには、特に注意が必要です。

側溝がつまる

側溝に落ち葉が溜まり、そのまま放置していると悪臭が発生します。
溜まった落ち葉が腐敗し、悪臭を放つためです。

またどんどん蓄積していくと排水が悪くなり、危険が生じることもあります。
雨水がうまく流れていかなくなるためです。

外観をそこなう

落ち葉が散らばったままの状態が続くと、庭の外観をそこねてしまいます。
そのまま放置された状態が数日続けば、だらしない印象をもたれてしまう可能性もあります。

室外機や雨どいの機能が低下する

室外機や雨どいに落ち葉が溜まり、つまってしまうことがあります。
その結果、機能が低下する可能性があるため注意が必要です。

室外機がつまれば、エアコンの効きが悪くなったり、故障の原因になったりすることもあります。雨どいにつまれば、うまく水が流れなくなって水漏れする可能性があります。

そのまま放置するとつまりの原因となるため、定期的に掃除するなどの対策が必要です。

近隣とのトラブルにつながる

結果として、近隣の人とのトラブルにつながってしまう可能性があります。
落ち葉が風で近隣の家まで飛んでいってしまうことがあるためです。

また悪臭が発生していれば、トラブルの原因の1つにもなりえます。

落ち葉の掃除は大変ですが、放っておくとさまざまなトラブルが起こりやすいです。
近隣の家にまで迷惑をかけないように配慮が必要だと思います。

スポンサーリンク

3.予防するための便利グッズ

頻繁に落ち葉の掃除をするのは、とても大変ですよね。
できれば落ち葉が入ってきにくい環境にしたいですね。

道具を使って、予防をしておくことが大切です。
たとえばフェンスやネットを使用する方法があります。

環境にもよりますがフェンスを設置すれば、落ち葉被害の軽減が期待できます。
近隣から入ってくる落ち葉を防ぎたい場合には検討してみてください。

また、雨どいに設置する落ち葉よけのネットも販売されています。
設置しておけば雨どいに落ち葉が入り込まなくなるので、つまる心配がなくなります。

落ち葉の吹き溜まりができる原因を見て、事前に対策ができそうな場合はぜひ検討してみてください。

スポンサーリンク

4.まとめ

  • 熊手や竹ぼうきを使用して掃除する
  • ブロワーで効率的に掃除する
  • 落ち葉をそのままにすると、害虫被害が出やすい
  • 近隣の人とのトラブルにつながらないように配慮が必要
  • フェンスやネットで予防する

落ち葉が溜まるのを事前に予防できれば一番簡単ですが、なかなか難しい環境もありますよね。
竹ぼうきやブロワーなどの道具を使って、効率的に掃除ができると少しは負担が減ると思います。

以上、落ち葉の吹き溜まり対策について解説しました。

ぜひ、落ち葉の吹き溜まりに悩まされている際には参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活の豆知識

コメント