当サイトはプロモーションを含みます。

【自転車で車道】が怖くて走れない?走行のポイントと注意点を解説

スポンサーリンク

「自転車で車道を怖くて走れないときはどうしたらいい?」

こんな疑問を解消します。

●この記事でわかること
1.車道は怖くて走れない?どうしたらいいのか
2.安全に歩道を走行するポイント
3.歩道を走行する時のNGや注意点
4.車道を走る場合に避けたいNG行為

結論から言うと道路事情を把握し、より安全な道を見つけることが重要です。

この記事を読めば、道に合った走行ができるようになります。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

1.自転車で車道は怖くて走れない?どうしたらいいのか

道路によっては、車道を走るのが怖い場所もありますよね。
走行時の恐怖心をやわらげるには、次のポイントに注意します。

道路事情を把握しておく

実際に走る道について調べておくことが大切です。
たとえば以下のものがあります。

  • 交通量
  • 見通し
  • 道の幅
  • 大型車の通行は多いか
  • 駐車車両は多いか
  • 車の速度

前もって調べておくことで、より安全な道を見つけることができます。

交通量の少ない道を選ぶ

道路事情を調べたら、交通量の少ない道を見つけることが大切です。

多少遠回りになるかもしれませんが、より安全に走行できる道を優先したいですね。

道幅がせまい場所を避ける

中には道幅が極端にせまくなることもあります。

そのような道だとぶつかる危険があるため、他の道を使うなど注意しましょう。

ハンドサインを使用する

場合によってはハンドサインを使用し、車の運転手に意思を伝える必要があります。
車の運転手も、自転車の動きには怖さを感じることがあります。
危険が生じないように知らせてあげることが大切ですね。

また目を合わせるだけでも何かを伝えようとしていると、通じることもあります。
ハンドサインを知らない場合もあるので、必要に応じて使い分けましょう。

※「先に行ってください」と「先に行きますよ」と互いに勘違いし、一緒に前に出てしまう可能性もあります。十分に注意してください。

慣れない道を走るときは、特に恐怖感がありますよね。
最短のルートではなかったとしても、少しでも安全な道を見つけることが重要だと思います。

スポンサーリンク

2.安全に歩道を走行するポイント

基本的には車道を走行する必要があります。
しかし例外もあります。

道路交通法によると、次の条件を満たしているときには歩道を走行することが認められています。

  • 自転車通行可の標識がある
  • 13歳未満または70歳以上
  • 身体の不自由な人
  • 工事中や駐車している車があるなどのやむを得ない事情がある
  • 車との接触事故の危険がある場所

以下のポイントに注意して、走行します。

ゆっくり走る

走行する際は、歩行者がいる場合は徐行運転です。

いない場合でも、すぐに徐行に切り替えられる速さでの走行が求められています。

スピードが出ないように注意しましょう。

歩行者を優先する

通行の妨げになるときは必ず停止し、歩行者を先に通しましょう。
お互いに怖い思いをしないような走行が求められますね。

道によって走行できる場所は異なるため、注意が必要です。
歩道と車道どちらを走行できるのか知っておくことが大切だと思います。

スポンサーリンク

3.歩道を走行する時のNGや注意点

道の状況によっては歩道を走行できます。

以下のことには注意しましょう。

スピードを出さない

走行する際には、スピードに注意しましょう。
猛スピードで走ることはNGです。

歩行者がいるときはすぐに停止できる速さで走行します。

目安は、ふらつかない程度の速さです。

狭い歩道は避ける

歩道によっては道幅がせまい所もあります。
ぶつかる危険があるためせまい道は避けるか、自転車から降りて押していった方が危険は少ないです。

歩道を走行できる場合でも、歩行者が優先であるという意識が必要です。
迷惑な運転にならないようにできる限りの注意を払うことが必要だと思います。

スポンサーリンク

4.車道を走る場合に避けたいNG行為

NG行為には次のものが挙げられます。

目立たない格好で走る

特に悪天候のときや夜に注意が必要です。
暗くて視界が悪い中でも、目立つ工夫をしましょう。

たとえば自転車を目立たせる工夫です。
暗くなると光るアイテムなどを使用します。

右側に寄りすぎる

車道に寄りすぎないよう走行しましょう。
接触事故の危険や車の走行を妨げる恐れがあります。

フラフラ走る

まっすぐ走らないと非常に危険です。
接触事故を避けるためにまっすぐ走りましょう。

またスピードを出さないためにゆっくり走るとフラフラすることがあります。
むしろ事故のもとになるため、フラフラしない程度の速さを心掛けましょう。

車の死角に入る

車の死角を把握しておくことが大切です。
車の大きさによっても死角は異なります。

信号待ちで止まっている車などは、特に注意が必要です。

信号待ちで前に出る

信号で止まった際に、車を追い越して前に出る行為は危険です。
車がまた追い越す必要があり、危険が生じるだけなのでわざわざ前に出ないようにします。

車が左折するときは離れておくことも意識しましょう。

車側も自転車側もどちらも危険を感じたことがあると思います。
お互いに配慮が必要ですね。

スポンサーリンク

5.まとめ

  • 道路事情を調べて、安心できる道を探す
  • 交通量の多い道は避ける
  • スピードに気をつける
  • 右側に寄らず、まっすぐ走る

道によっては走行する際に、危険に感じることも多いですよね。

道路の状況によって走る場所を見極めて、歩行者や車にも配慮した走行を心掛けることが大切だと思います。

以上、自転車で車道を怖くて走れない場合の対処法について解説しました。

ぜひ、自転車に乗る際には参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活の豆知識

コメント