当サイトはプロモーションを含みます。

【野良猫の子猫】がずっと鳴いてるのはなぜ?気になる理由を解説

スポンサーリンク

「野良猫の子猫が鳴いているのはなぜだろう?」
「子猫を保護したいけどどんなことに注意したらいい?」

そんな疑問に応えます。

●この記事でわかること
1.【野良猫の子猫】がずっと鳴いてるのはなぜ?理由
2.子猫を保護する時に知っておきたいことや注意点
3.自分は野良猫の子猫を飼えるかのチェックポイント

結論から言うと、子猫が鳴く理由は不快なことを親猫に知らせるためのようです。
ではどんなことを不快に感じて鳴いているのか詳しい理由をさっそく見ていきましょう。

保護する際の注意点や飼い方も参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

1.【野良猫の子猫】がずっと鳴いてるのはなぜ?理由

子猫がずっと鳴いている理由は不快なことを親猫に知らせるためです。
生まれたばかりのころは自分ではまだ何もできません。

そのため親猫に不快であることを鳴いて伝え対処してもらいます。
鳴く理由で多いのは、おなかがすいているときです。

また、排泄がしたい時や親猫が近くにいないと不安になって鳴くこともあるようです。
人間の赤ちゃんもおなかがすいたときやおむつが汚れたとき、抱っこしてほしい時に泣くので一緒ですね。

スポンサーリンク

2.子猫を保護する時に知っておきたいことや注意点

まず保護する前に親猫が近くにいないか、本当に飼い猫や地域猫でないかを見極める必要があります。

子猫は親猫に世話をしてもらいながら成長していくことがとても大事です。

もし近くに親がいて世話をしている様子が窺えるのであれば無理に保護して引き離す必要はありません。

また、野良猫ではなく飼い主がいる場合や、地域で保護をしている地域猫の場合も同じようにしっかり保護されているのでむやみに引き取ることはしないよう注意が必要です。

このような状況に当てはまらずに保護した場合は、まず病気がないかなど健康状態を診てもらうために動物病院に連れていきましょう。

保護しても病気にかかっていれば最悪の場合死んでしまうこともあります。

子供のころ、友人と子猫を保護したことがあり、病院に連れていくと目の病気になっていたことがわかりました。

野良猫は生活環境があまり良くないので感染症にかかりやすく、治療が必要な場合が少なくないそうです。

その後は治療して元気になり、私の家では飼うことができなかったため友人が引き取って育てることになりました。

子猫が可愛くて、連れて帰りたくなる気持ちはわかりますが保護するのであれば責任をもって面倒を見るようにしましょう。

スポンサーリンク

3.自分は野良猫の子猫を飼えるかのチェックポイント

飼育環境

まず一つ目は飼育環境が整っているかどうかです。
マンションやアパートであればペット可の物件でなければ飼育することができません。

また、ほかのペットを飼っている場合は一緒に飼うことができるのかなどのチェックをしておきましょう。

世話をする時間

二つ目は世話をする時間がとれるのかどうかです。

生まれたばかりの子猫の場合、自分では何もできないため、2~3時間ごとにミルクを飲ませてあげなくてはいけません。
また排泄も一人ではできないため人の手で促してあげる必要があります。

成長により少しずつ手はかからなくはなりますが、子猫の世話はとても大変なのでしっかりできるのか、世話を分担してくれる人がいるのかなど事前にチェックしておく必要があるでしょう。

友人が「育てるのは本当に大変だ」と言っていたので、やはり動物を飼うのはある程度覚悟が必要だと思います。

小さいうちは手がかかるのはもちろんですが、成長しても躾などができていないうちは目が離せず大変なようです。

スポンサーリンク

4.まとめ

・子猫がずっと鳴いている理由は不快なことを親に知らせるため。
・保護する時に知っておきたいことや注意点は、まずは親猫や保護をしてくれている人がいないかを確認する。
・保護するのであれば責任をもって飼育する。
・飼う際のチェックポイントは、飼育環境が整っているのか、世話をする時間や人手があるか。

猫はとてもかわいいし癒される存在です。
しかし、命のある生き物なので飼育には責任が必要です。

子猫を飼育したいと考えている人はこの記事を参考に大事に育ててあげてほしいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物

コメント