当サイトはプロモーションを含みます。

【一日お風呂に入らない】とどうなるバレる?メリデメも解説

スポンサーリンク

「一日お風呂に入らないとどうなるのか、周囲にバレてしまうのか」

その疑問を解消します。

●この記事でわかること
1.【一日お風呂に入らない】とどうなる?バレるのか
2.一日お風呂に入らないデメリット
3.メリット
4.2~3日入らないとバレる?
5.1週間入らないとどうなる?

結論から言うと、体質や季節によっては体臭でバレるかもしれません。

この記事を読めば、お風呂に入らないメリットやデメリット、周囲への影響についてもわかります。

それではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.【一日お風呂に入らない】とどうなる?バレるのか

汗をたくさんかく夏は、日中にかいた汗や皮脂汚れを落とさずに
そのまま放置することになるため、次の日には酸っぱい臭いが発生し
バレる可能性は高いです。

しかし体質によって異なってきます。
汗をかく人とあまりかかない人、皮脂汚れが蓄積しやすい人、そうでない人で
体臭の強さは変わってきます。

※普段の食事なども体臭に影響します。

そのため、汗をあまりかかず、秋冬などであれば、もしかすると
バレないかもしれません。

しかし、夏であれば汗をあまりかかない人であっても
やはり周囲にはバレるかもしれないと思っていた方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

2.一日お風呂に入らないデメリット

①衣服や寝具が汚れる

寝る前にパジャマに着替えたり、そのまま布団で寝たりすると
体に付いた汗や皮脂汚れが移ってしまい、衛生的によくありません・・・

枕やシーツ、パジャマに移った汚れを放置しておくと
嫌な臭いや汚れの原因となるでしょう。

もしお風呂に入らないのであれば、その分衣服や寝具をこまめに
洗濯した方がいいですね。

しかしお風呂に入らない人が、こまめに洗濯をするかどうか・・・ですが。

②見た目から不潔なことがわかる

髪の毛を洗わないと、髪と頭皮に汗や皮脂汚れが付着したままになり、
皮脂でしっとりした髪の毛になり、さらにイヤなテカリが出てきます。

またフケや垢などが出てきてしまいます。

③体が痒くなる

皮脂汚れと老廃物の蓄積から、体中にかゆみが発生します。
お風呂に入らない限りこれは続いてしまします。

痒いからと言って肌を掻いたり、汚れが蓄積することで
掻いた皮膚が傷ついたり、炎症を起こす可能性もあります。

④体臭がきつくなる

やはり一番のデメリットは、体臭でしょう。
体臭とは、汗や皮脂などの分泌物に細菌が増殖することで発生します。
お風呂に入らないことで汚れが残り、細菌の繁殖が活発になってしまいます。

特に汗っかきの人や皮脂分泌の多い人は気をつけなければなりません!
体臭がきつくなると、人間関係に悪影響を及ぼします。

スポンサーリンク

3.メリット

①水道代、電気代、ガス代が節約できる

湯船にお湯をためる場合、1回あたり水道代とガス代で約130円くらいです。
入らなかった場合、それが節約になります。

例えば毎日入った場合、一か月あたり約3,900円、1日おきにした場合半額の1,950円になります。

金額だけ見れば、かなり節約できる気がしますね。

また湯船にお湯をためるのではなく、シャワーだけで済ませる場合も
多少節約になるかもしれません。
(1人暮らしの場合はいいが、家族の場合は湯船にためた方が節約になるかも。)

②時間の節約になる

個人差もありますが、お風呂に入るには約20分~60分くらいかかります。
お風呂に入らなかった場合、その分の時間を他に充てられます。

忙しい人の場合は、貴重な時間かもしれません。
その時間を趣味の時間に充てる、睡眠時間を増やすなどできますね。

③お肌のトラブルが改善される場合もある

洗うことで必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥してしまうこともあります。
しっかりと保湿ケアする必要がありますが、怠ってしまうと、
乾燥により体が痒くなることもあります。

年配の方や乾燥肌の人にとっては、1日おきにお風呂に入る方が
お肌の調子がいいという人もいるかもしれません。

スポンサーリンク

4.2~3日入らないとバレる?

1日お風呂に入らなかった場合よりも、周囲にバレる可能性ははるかに高くなります。

2~3日分の汚れと老廃物が、洗い流されないままになり
体臭は悪臭へと変わっていきます。

すれ違ったり、同じ空間にいる場合、周囲で体臭を感じる人が多くなるでしょう。

また、髪の毛も皮脂汚れが蓄積されて、テカテカしたり、髪の毛が束になってくっつきます。
顔にも皮脂が残り、テカテカしてくるため、不潔な見た目で周囲にバレてしまいます。

周囲にバレるだけでなく、自分でも体臭を感じたり、体が痒かったり
髪の毛や顔がベタベタしていると感じるようになるでしょう。

スポンサーリンク

5.1週間入らないとどうなる?

血行が悪くなる

お風呂に入ることで体温が上昇し、血管が広がることで
血行が良くなるため、お風呂に入らないと逆に血行が悪くなります。

そうなると老廃物が滞留しやすくなったり、細胞に栄養素や酸素が運ばれなくなり
疲労感や冷え性、肌荒れなどの症状が現れます。

睡眠が浅くなる

これは私の経験で、眠りが浅くなったことがあります。

お風呂に入るメリットの中には、リラックスできる、体が温まるなどがあり
そのために良質な睡眠となりますが、入らない場合は逆に
体がべたつき、不快感を覚えるためにストレスを感じて、睡眠が浅くなる人もいます

そのために、寝る前にお風呂に入ると安眠できると言われているのでしょう。

周囲に迷惑をかける

体臭はかなりキツイものになるため、不快感を与え
人間関係に支障をきたします。

また見た目が変わるため、ほとんどの人が近づくだけで
お風呂に入っていないことに気が付きます。

同じ空間にいることが耐えられないという人も出てくるかもしれません。

そうなると自分自身でも気になり、自己嫌悪に陥ることで
自信を無くすこともあるかもしれません。

周囲とコミュニケーションをとりにくくなり、人間関係に支障をきたします。

まとめ

・体臭で周囲にバレる
・髪の毛や顔などがテカテカし、見た目からバレる
・体が痒くなりやすくなる
・睡眠が浅くなり、血行も悪くなる
・しかし時間やお金の節約というメリットもある

メリットはもちろんありますが、それを上回るデメリットがたくさんあります。
1日ならまだしも、1週間入らないというのは、社会人としてはエチケットが足りないと
思われてしまいますよね。

自分でも不快感を感じるくらいお風呂に入らないのは、できるだけ避けましょう。

ケガや病気でどうしても入れない事情がある以外は、お風呂に入った方がいいですね。
周囲とのコミュニケーションに支障が出ないようにしてください。

以上、一日お風呂に入らないとどうなる?でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活の豆知識

コメント